育児中でも“経験・スキル”を活かせる! 「在宅ワーク」5選と報酬まとめ

女性には、結婚・出産で仕事を離れざるを得ない事情もあります。しかし退職したとしても、それまで培った経験・スキルは貴重なものです。今回は経験・スキルを活かせる、さまざまな「在宅ワーク」についてお話しします。

昨今、ビジネスの場で活躍する女性が増えています。起業家、あるいは管理職として活躍する女性も少なくありません。まだ完全平等とはいかない場面もありますが、女性が仕事を通じて自己実現できる社会は、これから更に望まれるものでしょう。

しかし女性には、仕事を離れざるを得ない事情もあります。それはご存知の通り、『出産』です。だからこそ「もっと仕事をしていたい」という思いから、結婚・出産に踏み出せず、結果として少子高齢化の一因とされているのでしょう。

私はナレッジ・リンクスという会社で、多くのフリーランスワーカーの方々(以下、パートナー)にお仕事を依頼しています。パートナーは既に100名を超えていますが、その約7割が女性です。その中には、もちろんフリーランスとして生計を立てている方もいらっしゃいますが、多くは家事・子育てとの両立を望み、空いた時間を活用して仕事に取り組まれています。

 

経験・スキルを埋もれさせない

子を授かるうえで、一時的に仕事を離れることは避けられません。これは、男性がいくらサポートしても同じです。もちろん、育児休暇を取得して職場復帰をする方もいらっしゃるでしょう。しかし様々な理由から、退職を決断される方も少なくありません。

退職したとしても、それまで培った経験・スキルは貴重なものです。中には、何らかの専門資格を持っている方も少なくないでしょう。私はこうした経験・スキルを、出産を機として埋もれさせないで欲しいと願っています。

育児・家事を担うと時間が制限されることから、例えばスーパーなどでパート勤務するという方もいるでしょう。もちろん、完全な主婦として家に入る方もいらっしゃいます。それが一番望む形であれば、何も言う必要はありません。しかし、少しでもそこに“我慢”があるならば、是非もう一度その経験・スキルを活かし、チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます

やせる・美肌・若返る♪ 注目キレイ術

     

人気記事ランキング

ハピママ* Twitterをフォローしてね

50ママ 総合ニュース&コラム

50赤ちゃん・妊婦ニュース

50子育て・教育ニュース

ソーシャルアカウント