ではでは、次のくくりに行ってみましょう。次のくくりは、「地方出身アイドル」くくり。ステップワン勢もそうですが、地方出身でありながらも強い存在感を持つグループが増えています。東京でもおなじみなグループもいれば、アイドル横丁夏祭りで初めて拝見できるグループもたくさん。今年も各地からアイドルグループが新木場にやってきています!

 

3:WHY@DOLL

 

まずは、北海道出身の二人組、「WHY@DOLL」。関東近郊でのライブもたくさんこなしていますし、今年9月にはメジャーデビューも決めています。経験値をしっかり積んでいる二人は、さすがの手堅いステージングを見せてくれました。

特に、最も大きなステージである三番地でバラードの新曲『向日葵』を聴かせてくれたのは技アリ!という印象。大きな会場で、しっとりとした歌をみんなで聴くのもいいものです。フロアのみんなが手を振ると、本当にヒマワリが揺れているような…。いい時間が流れていました。

 

4:KOBerrieS♪

 

お次は神戸から来た「KOBerrieS♪」。メンバーチェンジを経て現在は6人組、全国的に活動を広げていくタイミングのようです。以前から活躍は聴いていたのですが、今回はじめて拝見しました。こちらも手堅く、ライブ力が高いグループですね。かなりの大舞台なのに、堂々としたパフォーマンスです。

そしてこちらも新曲『シリウスの彼方』を披露。楽曲の良さには定評のあるグループですが、今回もドラマチックな楽曲でこれから話題になるのでは?


 

5:I's9

 

そして、こちらも初めて拝見します。日本有数のアイドル激戦区・福岡からやってきた「I's9」。純白の衣装で歌い踊る彼女たちは、2011年に東京で初めて見た頃のLinQ Qtyの面々を思い出すような、フレッシュさとあどけなさがあります。このシンプルだけれど美しい原石感っていうのは福岡ならではなんでしょうか。個人的には、かなりガツンとやられました。特に福永愛沙ちゃんはまるで妖精のよう。うーん、福岡アイドルシーン、本当に奥が深い!

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます