I・Oデータの無線LAN対応ネットワークカメラ「Qwatch TS-WLCE」、映像の変化を検知してメールで通知

2014.7.10 19:20配信
Qwatch TS-WLCE

アイ・オー・データ機器(I・Oデータ)は、無線LAN対応のネットワークカメラ「Qwatch(クウォッチ) TS-WLCE」を7月下旬に発売する。税別価格は8900円。

専用の無料アプリで、スマートフォンやタブレット端末からペットの様子や子どもの帰宅などが確認できる無線LAN対応のネットワークカメラ。100万画素のCMOSセンサを備える。ドアの開閉などの映像の変化を検知し、メールで通知する機能を搭載。玄関やリビングに設置しておけば、子どもの帰宅を確認することができる。

「TS-WLCE」とルータをLANケーブルで有線またはWi-Fiで接続し、製品に添付するQRコードを専用アプリ「QwatchView」で読み取ることで設定する。PCは不要で、初心者でも安心して利用できる。

複数の場所に設置して、同時に複数のストリーミング映像を表示することもできる。また、ネットワーク接続HDD「LAN DISK」への録画に対応。HDDの容量がいっぱいになると、古いデータから順に削除して録画を続ける連続録画機能を備える。専用アプリで、録画映像の視聴・録画設定ができる。なお、「LAN DISK」の録画映像は、3G/LTE回線では視聴できない。

店舗の様子などを顧客に公開するための共有用QRコードの発行に対応。営業中だけ映像を公開したり、特定の時間帯・人などの接続を制限したり、プライバシーモードで画面を暗転させ、見えない状態にしたりできる。QRコードは、カメラの操作を制限したうえで発行できる。

対応フォーマットは、動画がH.264/MJPEG、静止画がJPEG。対応OSは、Windows 8.1/8/7/Vista(32bit)SP2、Mac 10.6~10.9。Mac OS 10.9の場合は、映像の再生に別途コーデックが必要。Android 4.0以降、iOS 6.0以降。サイズは、幅64×奥行き28×高さ101mmで、重さは110g。

「ネットワーク商品」専用窓口でユーザーをサポートする。営業時間は、年末年始・夏期休業日を除く毎日、9~17時。電話番号は050-3116-3014。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング