鼻プチQ&A

痛くないの?

鼻の穴に装着することから「痛そう」といったイメージを持つ方は多いです。しかし、そういった痛みはなく、着けている感覚もあまりないのが特徴です。

ただ、装着時間が長くなると違和感が出てきたり、鼻先が痛くなってくるケースもあるようなので注意が必要です。そのため、初めての方は、短時間の装着から慣れていくようにすると良いでしょう。

また、使用している素材によっては痛みが出ることもあるようなので、選ぶ際にはシリコン製の鼻プチを選ぶことをおすすめします。

鼻の奥まで入らないの?

多くの方が気になるのが「鼻の奥まで入りそう」というもの。器具が小さいので、鼻の奥まで入り込んでしまいそうで怖い、といったイメージはあると思います。

確かに、そういった可能性はゼロではありませんが、器具自体は柔軟性があり、鼻にピッタリとフィットするように作られています。そのため、使用方法を誤らなければ鼻の奥まで入り込んでしまう危険は低いと言えるでしょう。

装着時間は?

鼻プチは1日あたり何時間まで装着可能なのでしょうか。

商品にもよりますが、推奨されている連続装着時間は2~3時間程度です。「意外と短い!」というのが正直な意見かと思いますが、鼻プチは撮影や特別なシーンでの使用が目的とされています。

そのため、基本的に8時間~10時間といった長時間の使用は適していません。しかし、商品によっては、2~3時間以上の装着も可能な商品が販売されているので探してみると良いでしょう。

装着し続けることで鼻は高くなる?

「装着し続けたら鼻が高くなるのではないか」といった希望を抱いている女性も多いでしょう。

多くの女性が利用するアイプチの場合は使い続けたことでまぶたが二重になったケースもありますし、鼻プチも同様の効果があるのではないかといった疑問を抱くのは当然でしょう。

しかし、残念ながら鼻プチの継続使用で鼻が高くなることはほとんどないのが現状です。鼻プチは一時的に鼻の形を変えるアイテムです。既に存在している「軟骨」「骨」の形状までを変えることはできないため、鼻プチを繰り返し使っていたとしても鼻が高くなることはありません。

あくまでも「一時的なもの」という認識で使用しましょう。

どんなタイプの鼻におすすめ?

鼻プチがおすすめなのは「鼻が横に広い人」「団子鼻の人」「鼻が低い人」などです。鼻に高さを出すと同時に、小鼻を小さく見せることができるため、これらの鼻のタイプの方にはおすすめできると言えます。

一方、おすすめできないのが「ブタ鼻の人」です。このような鼻の方の場合は鼻プチを装着することでより鼻の穴が目立ってしまう可能性があります。

ただ、鼻プチの形状や種類によっては、ブタ鼻タイプの方でも使いやすいものもあるので、自分に合った鼻プチを探してみましょう。

まとめ

近年注目を集めている鼻プチ。鼻はかつては整形しなければ形を変えることは難しいといわれていた箇所で、ハイライトをのせたり影を入れたりして対策をしていた女性は多いでしょう。

しかし、今は鼻プチを装着するだけで、細く高い鼻に見せることが可能です。ぜひ、鼻の形に悩みがある方は鼻プチを検討してみてはいかがでしょうか。

ママ向け・恋愛・美容・スポーツ・イベントなど幅広く執筆活動中のフリーライター。ハピママ*では、ママの悩みや親子のお出かけスポットなどを中心に紹介。趣味はスポーツ。暇さえあれば家の中でもヨガやシャドーボクシングをしている。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます