小さな子どもと一緒だし、久しぶりのディズニーで何をしていいか分からなくなりそうで心配……そんなお父さん、お母さんのための、子どもと一緒に東京ディズニーランド「ディズニー夏祭り(2014年)」を丸ごと楽しむ攻略ガイド。

©Disney

※「ディズニー夏祭り」の開催期間は、2014年7月8日(火)から8月31日(日)まで
※時間は目安です。パレードやショーの公演時間など、日によって変わる可能性がありますので、当日ご確認ください。また、混雑状況次第では、時間通りに回れない可能性もあります

意外かもしれませんが、夏休みシーズンの東京ディズニーリゾートは、お盆期間を除けば、思ったほど混雑しません。

むしろ問題になるのは、真夏の暑さです。

小さな子どもは、地面からの輻射熱の影響も受けやすく、30℃を超える炎天下は辛いもの。子連れファミリーの暑さ対策を中心にお届けします。

8:00|朝一番に入園して『おんどこどん!』観賞場所へ

『おんどこどん!』は、シンデレラ城前がキッズエリアになる ©Disney

『ディズニー夏祭り』限定ショーとして新登場した「おんどこどん!」は、ミッキーやドナルドが和太鼓を叩きながら、夏祭りを盛り上げる楽しいショーです。

子どもがミッキーたちキャラクターと気軽にふれあえるので、子連れファミリーならぜひ参加したいところ。

途中から、子どもたちが参加できる。ダンサーやキャラクターたちが積極的に誘ってくれるので、引っ込み思案な子でも安心 ©Disney

が、先着順でエリアに案内されるため、どうしても開園と同時に向かって、公演開始まで待つ必要があります。

うかうかしていると、キッズエリアがいっぱいになってしまいます。できれば開園1時間以上前から並んで、朝一番に入園したいですね。

みんなで踊りを練習して、いざ本番へ ©Disney 拡大画像表示
ミッキーマウスとも身近にふれあえる。子連れファミリーはぜひ参加したい ©Disney 拡大画像表示
 

※なお、同じく『ディズニー夏祭り』のショー「雅涼群舞」のシンデレラ城前鑑賞席も、先着順となっているため、急ぐ人がたくさん出ると予想されます。子どもが巻き込まれないように、充分に注意してください。なお、パーク内を走るのは、明確に禁止されています。

8:00に入園して、公演開始は9:30。約1時間半です。午前中とはいえ、日傘や帽子を用意したり、水分補給をしっかりしたり、熱中症には注意してください。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント