合コンに行くと当然ですが、参加している異性に質問をしますよね? うまく回答を引き出したり、面白いネタを相手が話してくれたりすれば盛り上がること間違いなしです。

しかし、下手に質問すると相手を大きく傷つけてしまうこともあります。

その場が冷え冷えになるだけでなく、幹事間の信頼関係にヒビが入ってしまうこともあります。

今回は、合コンでのNG質問&OK質問をご紹介します。

合コンで質問してはいけないこと

初対面同士であることが多い合コン。実は避けたほうが良い質問は多いものです。

1: 過去の交際歴

過去の交際歴の質問はNG。

「彼女いない歴、何年ですか?」「前の恋人と別れてどのくらいですか?」「付き合った経験はありますか?」

聞きたいのは山々ですが、モテない人がこれを言われると、その場で青ざめてしまいます。

これを聞き、生贄を決めることで(当然「いない歴=年齢」の人が生贄)、会話を盛り上げようとするわけですが、付き合う場合、恋愛遍歴が多い人の方がいいのでしょうか?

「彼女過去に7人いてさ~、2股していたこともあるわ~」そういう回答を期待しているわけでもないですよね。

この質問は傷つく人がいるだけで無意味です。

2: 家族構成

「何人家族ですか?」「ご兄弟はいますか?」これも聞きたい人がいると思いますが、親が離婚している、兄弟が亡くなっている、複雑な家族関係の人もいます。

聞かれた方は、そこまで気にする人はそれほどいないのかもしれませんが、やはりいい気はしません。

合コンの場とそれぞれの家族構成は関係ないですよね。聞くのは無粋というものでしょう。

3: 年収

社会人が参加している合コンでは年収の話題も出やすいのですが、これも質問しない方が賢明です。特に年収は、男性間のランク付けに直結してしまいます。

男性は客観的な指標でランク付けされるのを嫌いますし、男性同士で年収のことを話すことはあまりありません。

年収を答えることで、これまでの友情関係にヒビが入ってしまうことすらあり得ます。

4: 最寄り駅、住所

住んでいるところの大まかな場所や「○○線沿線」くらいは話してもいいのですが、具体的な最寄駅については質問すべきではありません。

当然ですが、合コンで会っただけの関係の人にプライベートな住所を聞くなんてとんでもないです。

好意を持っていることを知らせるどころか、ストーカー気質がある人だと思われてしまいますよ。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます