オンキヨー、NFCで簡単にスマートフォンにつながるサウンドバーシステム「SBT-200」

2014.7.15 18:31配信
SBT-200

オンキヨーは、テレビ画面をじゃましないサウンドバーシステムの新製品として、NFC(近距離無線通信)に対応し、簡単にスマートフォンと接続できる「リビングサウンドシステム SBT-200」を7月下旬に発売する。価格はオープンで、税別実勢価格は2万4000円前後の見込み。

テレビ画面をじゃましないコンパクトサイズのサウンドバーシステム。Bluetooth機能を搭載し、スマートフォンやタブレット端末などに入れた音楽をワイヤレス再生。また、新たにNFC機能を搭載し、対応するスマートフォンと簡単にペアリングができる。テレビは、光デジタルケーブル1本で接続できる。

高音域用と中・低音域用それぞれに専用ユニットを搭載した2ウェイ構成で、クリアで迫力あるサウンドを再生。急激にボリュームを上げても、自動で聴きやすいバランスに処理して音割れを防ぐスマートアンプを搭載する。再生するコンテンツに合わせて選択できる「シネマ」「ミュージック」「ニュース」「ダイレクト」を備え、常に再生コンテンツに合った快適なサウンドを楽しめる。

実用最大出力は2ch×20W。Bluetoothの対応プロファイルは、A2DP 1.2/AVRCP 1.0。サイズは、幅940×高さ73×奥行き83mmで、重さは2.4kg。リモコン、1.2mの光ケーブル、スピーカースタンドが付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング