肉のコンシェルジュが太鼓判! "究極にうまい肉"が味わえる至福の店12【首都圏】

おいしい肉料理とその食べ方を紹介する「肉のコンシェルジュ」として活躍する田辺晋太郎氏。その田辺氏が太鼓判を押す、絶品肉料理を提供する店を紹介。新たな味覚体験にいざなう、本当の旨い肉が、ここにある。

おいしい肉料理とその食べ方を紹介する「肉のコンシェルジュ」として活躍する田辺晋太郎氏。その田辺氏が太鼓判を押す、絶品肉料理を提供する店を紹介。新たな味覚体験にいざなう、本当の旨い肉が、ここにある。

 

マルディグラ (銀座)

尾崎牛モモ肉のイパネマステーキ 3800円 しっかりとした歯応えのあるステーキ。かめばかむほど肉のうま味が沸き出てくる。

トスカーナフライドポテト 1900円 ピーナッツオイルに常温からポテトを入れ30分。ハーブの香りが包むポテトのカリッとした食感を楽しむべし。
拡大画像表示
 

匠が腕を振るう銀座のビストロで異次元の料理を体験!

銀座でフレンチと聞くとなかなかお値段が張りそうな気がしてくるが、ここ「マルディグラ」はビストロに近い気安さがある。入口こそプレートひとつで後は地下への階段だけと見つけにくいが、店内には落ちつきと親しみが感じられる空間が広がる。

ここで腕をふるっているのが和知徹シェフ。〝炎の魔術師〟、〝肉の魔術師〟とも呼ばれる凄腕だ。この日、厨房に立つシェフがつくりはじめたのは、「尾崎牛モモ肉のイパネマステーキ」と「トスカーナフライドポテト」。分厚くカットされた尾崎牛はソルトマリネされ余計な水分が抜けてうま味が凝縮されている。指で肉質を確かめて焼き加減を決める。そしてじっくりと熱してうま味を閉じ込めていく。一方のフライドポテトは予約必須の逸品だ。なにしろ30分もの間、火を強めたり弱めたり、ときには火からおろしたりと、とにかく手間がかかる。厨房でじっくりと手間暇をかけて極上の2皿が出来上がる。では、好みのワインとあわせつつ、極上のひとときに浸ろう。
 

住所:中央区銀座8-6-19 野田屋ビルB1F 
TEL:03(5568)0222 
営業:18:00~LO24:00 
休業:日曜休 
席数:22席 
予約:可※予約推奨 
予算:夜目安1万円~ 
アクセス:JRほか新橋駅より徒歩約5分

 

炭火焼 七厘(三ノ輪) 

おまかせ(お肉7枚) 5800~7500円(税別) 「七厘」が使用するのは黒毛和牛のA5の雌だ。銘柄にこだわらず、状態のよい肉を常に探す。

妥協は一切なし!「おまかせコース」を極上の肉が彩る!

よい店の条件のひとつは、店主が“よいものを提供したい”という情熱をどれだけ強く持っているか、ではないだろうか。その意味で、「七厘」の中原健太郎オーナーは、行きすぎなほどの情熱の持ち主である。

ひたむきに肉に向かい続けて独自に編み出したカットの技法により、肉本来の味わいが最大限に生きるように包丁を入れる。もちろん肉を丁寧に切り分けるのは注文を受けてからとなる。カットによって肉のおいしさが変わることを体験させてくれる店というわけである。

ここに来たらぜひ注文してほしいのが「おまかせコース」。その日のベストな部位を7枚盛り合せてくれるのだが、ひとつひとつのクオリティが素晴らしい。旨いを通り越した、感動の領域にまで達してくるのだ。例えば、美しくサシの入ったサーロインは、丁度いい厚さでありながら大ぶりで、口に含むと上品な脂が溶け出し口いっぱいにうま味が広がる。ヒレやブリスケなども肉本来のおいしさが限界まで引き出されていて、美味。これぞ至極の焼肉体験である。
 

幻のタン 1人前2000円※要予約 タン元、タン先、タン下など、多彩なタンの味わいが楽しめる。やわらかな食感がたまらない。
拡大画像表示
 

住所:荒川区東日暮里1-17-11 
TEL:03(3805)4129
営業:17:00~LO22:30 
休業:水曜休 
席数:42席
予約:可 
予算:夜目安9000~1万円
アクセス:東京メトロ三ノ輪駅より徒歩約3分

「うまい肉」更新情報が受け取れます

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント