「ペットみるん」にネットワークカメラ「TS-WRLP」が採用

アイ・オー・データ機器(IODATA)は、ネットワークカメラ「TS-WRLP」が東京電力エナジーパートナー(TEPCO)が5月21日に提供する「ペットみるん」に正式採用された。

ペットみるんは、犬、猫の飼育者向けに開発されたスマートフォン用の有料アプリ。自宅に設置したネットワークカメラの映像から、ペットの行動をAI(人工知能)が解析し、ペットの様子を動画とコメントでスマートフォンに通知する。外出中でも、自宅でお留守番しているペットを見守ることができる。月額利用料は1350円。

自宅に設置したTS-WRLPとペットみるんを接続して、家のなかの画像データを解析。解析した画像をタイムライン形式で1分以内の動画でスマートフォン(スマホ)に知らせるほか、1日に何回「トイレ」「水飲み場」「ごはん場所」などに寄ったかを回数で計測してデータでグラフ化する。動画や画像はクラウド上で管理されるため(半年間)、スマホの容量を圧迫しないことも特徴だ。ペットみるんを利用するには、TS-WRLPを購入するか、アイテムが5月21日に開始する「『ペットみるん』レンタルサービス」に加入する必要がある。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます