トランセンド、SATAIII 6Gb/s対応の2.5インチ内蔵用SSD「SSD370」、最大容量は1TB

2014.7.16 18:23配信
SSD370

トランセンドジャパンは、SATA III 6Gb/s対応の2.5インチ内蔵用SSD「SSD370」を、7月中旬に発売する。ラインアップは、32GBモデル(TS32GSSD370)、64GBモデル(TS64GSSD370)、128GBモデル(TS128GSSD370)、256GBモデル(TS256GSSD370)、512GBモデル(TS512GSSD370)、1TBモデル(TS1TSSD370)の計6モデル。

SATA III 6Gb/sインターフェース、DDR3 DRAMキャッシュ、トランセンド製「TS6500」コントローラとMLC NANDフラッシュチップを組み合わせることで、読込み最大毎秒570MB、書込み最大毎秒470MBを実現した2.5インチ内蔵用SSD。

SATA Device Sleepモード(DevSleep)に対応。互換性のあるモバイルデバイスで使用した場合に、待機モードでSATAインターフェースの電源を完全にオフにするとともに、復帰時間20msを維持し、ノートPCでスマートフォンやタブレット端末のようなバッテリ持続時間や、すばやいスリープからの復帰を実現する。

このほか、「Advanced Power Shield」技術やインテリジェントブロック(intelligentblock)管理、ウェアレベリング(wear leveling)、TRIM、NCQなどに対応。また、S.M.A.R.T.コマンドの強化や、すぐれた耐衝撃性能による高い信頼性とデータ保護性能をもつ。

ドライブ情報、S.M.A.R.T.状態、診断スキャン、「Secure Erase完全消去」、ファームウェアアップデート、TRIMの利用、健康状態表示、システムクローンなど、多彩な機能を搭載する無料のソフトウェア「SSD Scope」をあわせて利用すれば、SSDを新品同様の状態に保つことができるとともに、機能劣化を防ぎ、障害を問題発生前に発見できる。

サイズは幅69.8×高さ7.0×奥行き99.8mmで、重さは52g。価格は、32GBモデルが4980円、64GBモデルが6980円、128GBモデルが9980円、256GBモデルが1万7800円、512GBモデルが3万2800円、1TBモデルが6万4800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング