KDDI、ディズニーの『アナと雪の女王』をauの「ビデオパス」で配信開始

KDDIは、7月16日、auの映像サービス「ビデオパス」で、人気のディズニー映画『アナと雪の女王』の配信を開始した。

「ビデオパス」のレンタル作品として、『アナと雪の女王』標準版を税別400円、HD版を500円で配信。配信方法はストリーミング/ダウンロードで、3日間視聴できる。

標準版は「ビデオパス」が利用できる全デバイス、HD版はAndroid搭載のセットトップボックス(STB)「Smart TV Stick」「Smart TV Box」や、Googleのメディアストリーミング用端末「Chromecast(クロームキャスト)」に対応する。8月31日までは、劇中歌の本編映像や、劇中では見られない特別映像などを無料で楽しめる特典映像も配信する。

7月22日までの期間限定で、auの電子マネーカード「au WALLETカード」を利用すると貯まるポイント「WALLETポイント」が、「ビデオパス」でのレンタル作品の視聴で通常の20倍になるキャンペーンを実施。『アナと雪の女王』標準版は86ポイント、HD版では108ポイントをプレゼントする。

このほか、アカデミー賞主題歌賞を受賞したイディナ・メンゼル「レット・イット・ゴー」(英語版劇中歌)のほか、話題の日本版ヴォイスキャストの日本語歌や、カラオケ・バージョンなど、全48曲を収録した豪華2枚組の「オリジナル・サウンドトラック デラックス・エディション」を、抽選で5名にプレゼントする。『アナと雪の女王』先行版または通常版をレンタルした人が対象。締切は8月10日。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます

いま人気のディズニー動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント