ヤマハ、スタイリッシュなインイヤー型イヤホン「EPH-M200」「EPH-M100」、大口径15mmドライバを搭載

2014.7.16 20:4配信
EPH-M200

ヤマハは、シンプルでスタイリッシュなデザインで、新開発の15mm大口径ドライバによって高音質を実現したインイヤー型イヤホン「EPH-M200」「EPH-M100」を、8月中旬に発売する。価格はどちらもオープン。

密閉ダイナミック型のインイヤー型イヤホン。ラウンドフォルムに、ヤマハの音叉マークのみをレイアウトしたシンプルでスタイリッシュなデザインで、表面に光沢仕上げを施すことで、ファッション性と上質感を両立している。

専用に開発した15mm大口径ドライバユニットには、高磁力のネオジムマグネットを使用。振動板には剛性と柔軟性にすぐれた独自のタンジェンシャル・エッジを採用することによって、サイズ感を超えたパワー溢れる低音と細部までクリアな高音を再生する。

ハウジングにポリカーボネートとABS樹脂を複合した素材を使用することで、内部の音の共振を低減。2か所の音響ポートで振動板動作時の通気抵抗を最適化し、クリアで心地よい低音を再生する。

このほか、ケーブルにはiPod/iPhone/iPadの選曲や音量調整、通話(iPhoneのみ対応)ができるリモコンマイクを備える。ケーブル長は1.2m。

「EPH-M200」は、音導管に柔軟性が高く弾力性にすぐれたβチタニウムを世界で初めて採用。レーザー加工によって特殊で高精度の切り込みを入れることで、耳の穴の形に合わせて音導管が動く高い追従性を確保し、大口径ドライバながら、耳の穴が小さい人でも快適に装着できるすぐれたフィット感を提供。遮音性を向上するとともに、高強度で共振しにくく、クリアで抜けのよい高音が楽しめる。

専用のイヤーピースには、柔軟性とほどよい硬さをあわせもつシリコン素材を採用。βチタニウムの音導管の効果を最大限に発揮し、耳の穴の形に合わせてイヤーピースがしっかりフィットする高い装着感を提供する。また、長い音導管とあいまって、装着時のイヤーピースのつぶれを低減し、変形による音質劣化を防ぐ。サイズはSS/S/M/L/LLの5サイズが付属する。

重さは19.2g。カラーは、スタイリーレッド、ジェントルブラック、クールホワイトの3色。税別の実勢価格は1万4600円前後の見込み。

「EPH-M100」は、イヤーピースに硬度の異なる2種類のシリコン素材を採用。音の通過部分は、ハードシリコンにセレーション加工を施すことで、強度と柔軟性を両立し、形状を保持したまま耳の穴の形に合わせてフィットするので、イヤーピースのつぶれなどによる音質劣化を防ぐ。耳に触れる部分にはソフトシリコンを採用する。サイズはSS/S/M/L/LLの5サイズが付属する。

重さは19.1g。カラーは、シャープブルー、ジェントルブラック、クールホワイトの3色。税別の実勢価格は1万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング