レノボ、由比ヶ浜に「Lenovo House Beach Marche」をオープン、タブレット端末体験やライブなどが楽しめる新スタイルの海の家

2014.7.16 20:15配信
「Lenovo House Beach Marche」がオープン

レノボ・ジャパンは、7月1日から8月31日まで、神奈川県鎌倉市の由比ヶ浜海水浴場に海の家「Lenovo House Beach Marche」をオープンする。食事や休憩、着替えなどができるほか、タブレット端末「Lenovo YOGA TABLET」を使って、食事のオーダーや電子書籍の閲覧などができる。

7月12日に開催した記者向けの内覧会で、PC/タブレット端末メーカーであるレノボが海の家をオープンしたことについて、コンシューマ事業担当の留目真伸執行役員専務は、「タブレット端末の普及率は18%。アーリーアダプタ層には広まったが、一般ユーザーまで広がっていないことに危機感をもっている。そのため、若者が集まる場所へ積極的に出て行き、デジタルライフに触れてもらう機会を提供している。これまで、クラブイベントやスノーボードイベント、ダンス教育支援などを実施してきた。今回は夏ということで、海の家でデジタルライフ提案を行う」と説明した。

「Lenovo House Beach Marche」の営業時間は、朝9時から夜10時。利用料は、大人が1500円、子どもが800円。シャワーや更衣室を用意し、ドリンク・フードなどを提供する。パラソルやビーチベッドのレンタルも行う。

ここまでは一般の海の家と同じだが、「Lenovo House Beach Marche」の新しい海の家スタイルはここから。

一つは、ビーチハウス内の各テーブルに、8インチのAndroidタブレット端末「YOGA TABLET 8」を置くことだ。「YOGA TABLET 8」は、背面に自立スタンドを備え、立てて設置することができる。また約16時間駆動する長時間バッテリを内蔵するので一日中使うことができる。

さらに、テーブルに設置した「YOGA TABLET 8」には専用POSアプリをインストールしており、メニューと数量をタップするだけで注文ができる。騒がしい海辺で声を張り上げなくても、タブレットを操作するだけで冷たいドリンクが運ばれてくる。また、タブレットを活用することで注文以外にもウェブブラウジングや動画、電子書籍の閲覧ができるので、専用機にはない使い方ができる。

各テーブルにはUSB充電器があって、スマートフォンやタブレット端末を充電できる。食事や休憩をしながらスマートフォンの充電ができるとあって、利用者から好評だという。

もう一つが、パラソルをレンタルした人に無料で「YOGA TABLET 8」を貸し出すレンタルサービスだ。ビーチで電子書籍を読んだり、食事などを注文できたりするだけでなく、海の家に設置した無線LANアクセスポイントを利用できるので、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)やインターネットを利用できる。ただし、「YOGA TABLET 8」は防水・防じん対応ではないので、水や砂が入らないよう、ケースに入れて貸し出している。

このほか、地域に密着した活動として「ビーチクリーン&ビーチヨガ」を実施する。早朝にマットの上で行う「ビーチヨガ」と由比ヶ浜海水浴場を清掃する「ビーチクリーン」、健康的な朝食メニュー「マクロビオテック」の三つをセットにする。地元のヨガスタジオ「SUGATA」のインストラクター、yocoさんとakemiさんを講師に招く。参加費は2000円で、定員は各回30人。参加には、事前の電話予約が必要だ。

8月11日には、子ども向けのイベント「夏休みの自由研究」を実施する。「磯の生き物を探してみよう」をテーマに、水族館プロデューサーの新野大さんを講師に招き、由比ヶ浜の潮だまりや浅瀬に生息する生物の採集・観察を行う。また、由比ヶ浜名物のシラス干しを題材に、シラスに混じったイワシ以外の稚魚を見つけて、名前などを調べるユニークな講座も実施する。

さらに、施設利用者を対象にしたアコースティックライブを開催。8月2日にMIHIRO(マイロ)さん、8月9日に若旦那(ワカダンナ)さん、8月16日にMOOMIN(ムーミン)さんが登場する。鎌倉花火大会の7月23日には、施設内でコース料理、フリードリンクとともに楽しめる観覧席を用意する。また、8月31日まで毎日楽しめるバーベキューの予約も受け付けている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング