ブラッド・ピット主演最新作、11月に日本公開決定

2014.7.17 9:49配信
『フューリー』(C)Norman Licensing, LLC 2014

ブラッド・ピットが主演する新作『フューリー』が11月に全国公開されることが決定した。本作はたった5人でドイツの大軍に立ち向かった兵士の物語だ。

『フューリー』は、第二次世界大戦下のヨーロッパ戦線で、5人の兵士がたった1台の戦車だけで、ドイツ軍を相手に壮絶な戦いを繰り広げる様を描く戦争ドラマ。このほど公開された場面写真には、ピットを中心に5人の兵士を演じる、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサルの姿があり、戦車の砲身には“FURY”と書かれている。

本作のメガホンを執るのは、『エンド・オブ・ウォッチ』『サボタージュ』など、ハードなアクション描写と緊迫感のある演出で高い評価を集めているデヴィッド・エアー監督。タイトルの“フューリー”とは、“激しい怒り”という意味で、ピット演じる部隊のリーダー、ウォーダディーが劇中で自分たちの戦車に名付ける名前でもある。フューリーに乗り込んだ5人の兵士たちは、大軍を相手にどのような戦いを繰り広げるのか? 映画は、壮絶なアクションシーンと、男たちの絆を描いた感動作になるという。

『フューリー』
11月全国超拡大ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング