ペガシス、「Premiere Pro CC」専用プラグイン「TMPGEnc Movie Plug-in AVC for Premiere Pro」、H.264/AVC出力に対応

2014.7.18 15:5配信

ペガシスは、7月17日、アドビシステムズのビデオ編集ソフト「Adobe Premiere Pro CC」の出力フォーマットに、ペガシスの出力エンジンによるH.264/AVC出力機能を追加するプラグイン「TMPGEnc Movie Plug-in AVC for Premiere Pro」のダウンロード販売を開始した。税別価格は7400円。

「Adobe Premiere Pro CC」で、ペガシスの出力エンジンによるH.264/AVC出力をできるようにするプラグイン。メインエンコーダーにx264を採用し、タイムラインから書き出し設定で、ペガシスエンコーダーエンジンでのH.264/AVC出力を選択してダイレクトに出力できる。

MP4、MPEG-TS、MKVなどのコンテナ選択や、Dolby DigitalやAACなど多彩な音声フォーマットにも対応し、映像や音声のエレメンタリストリーム出力ができる。さらに、ブルーレイ向け、AVCHD向け、モバイル向けのテンプレートを搭載し、ターゲット機器を指定して簡単に出力できる。Intel Media SDK(QSV)対応環境での高速エンコードにも対応する。

対応OSは、Windows 8.1/8/7(SP1)のいずれも64ビット版で、使用にあたっては別途「Adobe Premiere Pro CC 2014」が必要。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング