こだまでしょうか――金子みすゞの詩とクラシックの名曲が出会う

2012.1.16 17:53配信
金子みすゞ 金子みすゞ

昨年『こだまでしょうか』がACジャパンのCMで取り上げられ、流行語大賞にもノミネートされるなど、大きな注目を集めた詩人・金子みすゞ。その作品とクラシックの名曲を組み合わせるコンサート「金子みすゞ 詩の世界」が、5月に東京で開催される。

「金子みすゞ 詩の世界」の公演情報

明治36年生まれ・山口県出身の金子みすゞは、大正末期から昭和初期にかけて活躍した童謡詩人。26歳で亡くなるまでに書かれた詩は500編以上。自然とともに生き、小さないのちを慈しむような作風が特徴だ。

そんな人の心に素直に呼びかる金子みすゞの詩に、ベートーヴェンやシューマン、ブラームスの音楽を組み合わせるコンサートが「金子みすゞ 詩の世界」。声に出して語ることで音楽として響く金子みすゞの詩と、クラシックの名曲が呼応するひととき。詩の朗読は中井美穂、演奏は長谷川陽子(チェロ)、仲道祐子(ピアノ)が担当する。

「金子みすゞ 詩の世界」は、5月15日(火)に東京オペラシティで開催。チケットの一般発売は、1月21日(土)10時より。また一般発売に先駆け、チケットぴあではインターネット先行先着プリセールを1月20日(金)23時まで受付。

●金子みすゞ 詩の世界
【日時】5月15日(火) 13:30開演
【会場】東京オペラシティ コンサートホール:タケミツメモリアル(東京都)
【出演】チェロ:長谷川陽子 ピアノ:仲道祐子 朗読:中井美穂

いま人気の動画

     

人気記事ランキング