『プレーンズ2』の瑛太、子ども達を前に満面の笑み

2014.7.22 12:29配信
(左から)近藤春菜、瑛太、箕輪はるか

映画『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』が公開され、21日に東京お台場のシネマメディアージュで、前作に引き続き日本語吹き替え版で主人公ダスティの声を演じた瑛太と、ディッパー役とパインコーン役をそれぞれ務めたハリセンボンの近藤春菜と箕輪はるかが舞台あいさつを行った。

その他の写真

このイベントはKDDIとぴあが提供するスマートフォン向けエンタメ情報サイト「uP!!!」主催によるもので、全国から1万通の応募があった中から約1,000組の親子が各会場に招待されたものだ。

シネマメディアージュで行われた舞台あいさつでは、チビッ子からの「ダスティ!」の大きな掛け声でた瑛太が登場し「お子さんが多いですね」とさっそく笑顔に。近藤と箕輪は、いよいよ夏も本番とあってキャラクターに合わせた浴衣姿で現れ、「瑛太さんがいらっしゃるということで、ちょっと女子力見せてみました」(近藤)、「瑛太さんの視線が釘づけですね」(箕輪)と勝手に発言するも、それらの言葉を瑛太はスルー。

しかし「あれ? 製作総指揮の方ですか?」とお約束のフリを向け、これには近藤も即座に「ジョン・ラセターじゃねえよ!」と応じて息ピッタリ。その後も、瑛太は「(近藤が演じた)ディッパーがお気に入り」と発言し、「チャーミングで声も可愛い」とべた褒め。予想外の告白に、近藤は少々照れつつ「映画の中ではディッパーがダスティにストーカーちっくな感じもあったんですけどね。想いは伝わってたんですね。私も好きなのはダスティですよ。可愛いし、かっこいいし、声もステキでしたね。あ、ごめんなさいね、イチャイチャしちゃって」とのろける(?)一幕も。

前作で勝ち取った“世界で一番速いレーサー”という肩書を捨て、山岳地帯のレスキュー隊に入ったダスティが、ひとつひとつ困難を乗り越えていく『プレーンズ2』。夏休みに家族で楽しめるアクション・エンターテインメント作品とあって、瑛太は「お友達にも感想を伝えてください。そしてアトラクションを楽しみに行くような感覚で、ぜひみなさんで劇場にいらしてください」とPR。舞台挨拶後には、アクアシティお台場に設置された全長約2mのミニダスティくんとの撮影会も行われ、盛り上がりを見せた1日となった。

『プレーンズ2/ファイアー&レスキュー』
公開中

取材・文・写真:望月ふみ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング