8種類の「Game Viewモード」を搭載したゲーミングディスプレイ

日本エイサーは、「Nitro VG0シリーズ」で1ms超高速応答のゲーミングディスプレイとして、27型の「VG270bmiix」、23.8型の「VG240Ybmiix」、21.5型の「VG220Qbmiix」を5月24日に発売する。価格はオープンだが、税別の実勢価格は、VG270bmiixが2万5000円前後、VG240Ybmiixが1万9000円前後、VG220Qbmiixが1万7000円前後。

ゲームジャンルに応じて最適な映像表示を設定できる「Game Viewモード」を搭載。8種類の映像モードのなかから選択でき、ゲームタイトル別やジャンル別に好みの映像表示でゲームプレイを楽しむことができる。また、黒の強弱を調節して、暗がりの視認性を高める「Dark Boost機能」を搭載し、11段階からシーンに応じて好みのレベルを設定できる。広視野角のIPS方式パネルとフルHD ディスプレイ搭載で高精細の美しい映像を実現しているほか、1ms超高速応答で残像が少なく動きの速いシーンも滑らかに映し出す。デザインは、液晶パネル周りのフレームをなくした「ゼロ・フレーム」を採用し、マルチディスプレイ環境でも境目をほとんど感じさせない。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます