三池崇史監督の新作に大森南朋&リリー・フランキー

2014.7.24 14:42配信
大森南朋とリリー・フランキー

人気コミックを福士蒼汰主演で三池崇史監督が実写映画化する『神さまの言うとおり』に大森南朋とリリー・フランキーが出演することが発表された。大森は23歳の引きこもり役を、リリー・フランキーは謎のホームレス役を演じる。

その他の情報

本作は、金城宗幸の人気コミックを映画化したサバイバル・サスペンス。平凡な高校生が突然、“命を賭けた謎のゲーム”に巻き込まれ、生き残りをかけて立ち向かう姿を描く。福士のほか、山崎紘菜、神木隆之介、優希美青、染谷将太の出演が決定している。

大森は「今回の役はすごく太っている青年なんです。僕はわりとふつうの42歳なんですが、衣裳合わせのときに三池監督から『23歳くらいだから』と言われたんです」と明かし、「以前、監督の映画『殺し屋1』に出演させていただいた時もとんでもない役だったので、さすがの三池組だなと思いました。三池組に呼ばれた事だけでうれしくて出演させていただきました」とコメント。

三池組と聞き、台本を読む前に参加を快諾したというリリー・フランキーは、「浮浪者(ホームレス)の格好は似合うだろうなと(笑)。三池監督は面白いですよね。台本通りにはならないのも魅力のひとつだと思いますし、どんなタイプの映画でも三池監督の映画になりますからね。撮影というより“セッション”させていただいているという感じです」と話し、「ホームレスの役なので、今までの出演作の中では結構支度に時間がかかって大変ですが、現場では基本的に誰にも会わないので気楽ですし、浮世の人と一緒にいるタイプの役じゃないのでその方がやりやすいですね」と語っている。

現在、各地で撮影中の本作だが、本日の正午より映画公式サイトで特報映像が解禁される。

『神さまの言うとおり』
11月15日(土)全国東宝系にて公開

いま人気の動画

     

人気記事ランキング