水を制する者は夏を制す! 最強防水デジタル大集合

2014.7.25 20:13配信
防水仕様のデジタルで夏を制する!

デジタル製品の苦手なものの代表格といえば、何といっても「水」。水没や液体がかかることを恐れて登山や海水浴などアウトドアでは、デジタル製品を裸で持ち歩くのは何となくためらわれる。しかし、このハードルを乗り越え、デジタル製品を野外でフル活用することができれば、夏のアクティビティは一段と楽しさが増す。

防水性能をもつデジタル製品は、いまや多くのジャンルに存在する。今回紹介するのは、機能や操作性にもこだわるよくばりな人におすすめしたい3製品。スマートフォンと組み合わせることで真価を発揮するエルモの防雨仕様の小型アクションカメラ「QBiC MS-1」と、防水・防じん・耐衝撃性能を備えた京セラのタフネススマートフォン「TORQUE G01」、IPX5準拠の防水機能をもつポータブルスピーカー「BravenBRV-1」だ。

スマートフォンと連携することで、多彩な機能を発揮する超小型のアクションカメラ。最大185°の超広角レンズで、ユニークな写真や動画を撮影することができる。IPX4の防雨仕様なので、悪天候のなかや水辺のレジャーでも大活躍。手ブレ補正機能を備え、動きのあるシーンもしっかり捉える。

スマートフォンは、Wi-Fi接続することでモニタやリモコンになる。最大30m離れた場所から操作することができ、アイデア次第で「QBiC」ならではの個性溢れる写真や動画を記録できる。豊富なアクセサリを利用すれば、活用の幅はぐっと広がる。

米国防総省の耐久試験をクリアする高い堅牢性を誇るスマートフォン。高い防水・防じん・耐衝撃性能を備え、アウトドアでフル活用できる。これからの季節にありがたいのが、塩水耐久性能。海水浴で潮風や海の水しぶきを受けても、問題なく動作する。

卓越した頑丈ボディだけでなく、操作性にも注目したい。自転車やバイクで遠出するとき装着するグローブは、付けたままだとスマートフォンのタッチ操作ができないことが多いが、「TORQUE G01」はグローブをしたままでも快適に操作できる。天気や潮流を表示するウィジェットも、野外での活動するときに便利だ。

水に浸しても問題ないIPX7の高い防水機能を備えるポータブルスピーカー。Bluetooth接続で、音楽をストリーミング再生できる。コンパクトながら、独自開発のフルレンジスピーカー2基と迫力の低音を生み出すパッシブ・サブウーファーを搭載する。

スマートフォンとの連携機能が豊富で、ハンズフリー通話ができるだけでなく、USBケーブルで接続してスマートフォンを充電したり、スピーカーの電池残量をディスプレイに表示したりできる。バッテリ持続時間は約12時間。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング