【花火】やっぱり「浴衣」がモテる! 誰でも「浴衣美人」になれる5つのポイント

2014.7.28 17:30

「花火大会なのに浴衣じゃなかった」が男性にとっては一番のマイナスポイントなのだそう。なので、花火大会に誘われたら忙しくても浴衣を着ていきましょう! 今回は、簡単に「浴衣美女」になれるポイントをご紹介します。

今年も花火大会が続々と開催されます。もし、花火大会に誘われたのなら、どんなに忙しくても浴衣を着ていきましょう!「花火大会なのに、浴衣じゃなかった」が男性にとっては一番のマイナスポイントなのだそう!

…とはいっても、花火大会が行われる当日が仕事の女性はどうすれば良いの?!浴衣や帯、小物を持っていくのは大変ですし、着替えの場所を探すのも一苦労。当日は仕事がなくても、浴衣を持っていない、自分で着られない人もいるかもしれません。そんな人は、花火大会に誘われる前に浴衣レンタルショップをチェックしておきましょう!

お店によっては、浴衣に着替えた後、着ていた服を配送で自宅に送ることが出来たり、小物レンタルやヘアセットを受け付けているところもあります。なにより自分に似合う浴衣の色や好みは年々変わっていくもの。自分では買わないけれど、ちょっと可愛いなと思う柄に挑戦してみるのもレンタルならでは。

 

今年の流行は古典柄

浴衣選びは意外と楽しいものです!今年流行の古典柄は落ち着いてみえるものが多いので、シックに黒や紺で着こなしたいなと思った大人ガールさん、レンタルならば、白地や薄ピンク、薄黄色なども試してみて。

花火大会の開催は夜ですよ、暗闇には明るい色が綺麗に映えます。優しい色使いで、抱きしめたくなるようなキュートな女の子を演出してみるのはいかがかしら。

 

ビーチサンダルはNG

近年若い女性にありがちなのが、浴衣にビーチサンダル。もしくはプラットフォームサンダル。確かにビーサンは軽くて、履きやすくて、雨の日でも安心。とはいえ、見た目があっという間に小学生の浴衣姿になってしまいます。

下駄は確かに鼻緒ずれをすると痛くて歩けなくなることもあるので、自分のサイズにあったものを買い、何度か履いて試してみましょう。マメができてしまった時の対策用に、絆創膏を持参するのも忘れずに。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング