1分で身につく英会話

【英会話】「準備万端」って英語でなんて言う?

1分で身につく英会話。今回は「いつもと違う週末を計画する」ときなどに使える英会話です。

 

Q. 英語でなんて言う?   

Nick: 土曜日のピクニックの準備は完璧かな?

Rika: うん、ほとんど終わったわ。

Nick: 他に何かすることあるかな?

Rika: 金曜日の仕事の後に買い物に行こうかと思っているのよ。

Nick: そっか。そうしたら、日よけのやつを買ったほうがいいかもね?

Rika: 良い考えね。スーパーで買ってくるわね。

Nick: OK、他に必要なことがあったら言ってね。

ワンポイント解説

“all set” 準備万端
物ごとの準備が整っていることを表わします。相手の準備ができているか確認する際によく使える表現です。

例)Tom: Are you all set?
Brian: Just give me two seconds ? I need to grab my wallet.
Tom: 準備はできたかい?
Brian: 2秒だけ待って、財布を取ってこなきゃ。


“just about” ほとんど、もう少し
完成していないが、ほとんどそれに近い状態のことを表わします。“almost”“nearby”と同じ意味を表わします。

例)Georgina: I have to go to the bathroom. Can we stop somewhere?
Hal: Hang on. We’re just about there.
Georgina: トイレに行きたくなっちゃった。どこかに寄らない?
Hal: ちょっと待って。もう少しで着くから。


“pick up” 買う
“pick up”は「拾う、取る」ことを表わしますが、カジュアルな言い方で何かを「買う」ことを表わします。

例)Dan: Do you need me to pick up anything for dinner on the way home?
Liz: No, I don’t think so.
Dan: 帰りに、夕飯用に何か買ってくる?
Liz: いいえ、大丈夫よ。


“thingy / thingies” (何とか)のやつ
その物は分かるけれど、名前(商品名など)が思い浮かばないときに使います。

例)Josie: Laura, have you seen the spatula thingy?
Laura: Check the third drawer down. I think I saw it in there.
Josie: Laura、ヘラのやつ見かけた?
Laura: 3つ目の引き出しの下側を見て。そこで見たような気がするの。
 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング