シャープ、焼きと蒸しを同時に調理できるウォーターオーブン「ヘルシオ AX-XP100」など

2014.7.29 20:9配信
AX-XP100

シャープは、ウォーターオーブン「ヘルシオ」シリーズの新製品として、業界初の焼き料理と蒸し料理の同時調理ができるプレミアムモデル「AX-XP100」を9月25日に、子育てファミリー向けの「AX-GA100」、アクティブシニア向けの「AX-SA100」、シングル層や夫婦2人世帯向けの「AX-CA100」の3機種を8月8日に発売する。

ファンデリーの管理栄養士と共同開発した生活習慣病の人向けのメニューを収録した「ヘルシー食セット」メニューを備える。

「AX-XP100」と「AX-SA100」は、本体に4.3インチカラータッチパネル液晶モニタを採用し、トップ画面は大きくて見やすく、押しやすい「でかボタン」表示に対応。使用状況に合わせて、「ココロエンジン」が音声メッセージとともにオススメメニューを提案する。

「AX-XP100」は、「上段集中加熱」「2段均一加熱」「上下2段別加熱」ができる新開発の「3ドライブハイパワーエンジン」を搭載。上段で焼き料理(過熱水蒸気加熱)、下段で蒸し料理(パワースチーム加熱)の同時調理ができるウォーターオーブン。

「3ドライブハイパワーエンジン」は、「パワースチームジェネレーター」で発生させた水蒸気を、「トリプルウォーターヒートスチーム」の天面と背面に備えた3基のヒーター制御で効率よく過熱水蒸気にする。また、「循環ファン」の回転数や回転方向を細かく制御することによって、庫内全体にまんべんなく過熱水蒸気やスチームを送る。

「スイングダンパー」で上段と下段の気流を仕切ることで、下段にスチームを充満させて蒸し調理をしながら、上段で過熱水蒸気による焼き調理ができ、短い時間で本格的な料理ができる。さらに、焼き料理と蒸し料理を組み合わせることによって、栄養バランスのよい料理をつくることができる。

「上段集中加熱」は、「スイングダンパー」で下段への過熱水蒸気やスチームの流れを仕切り、上段だけを集中加熱することによって、67種類の焼き料理、蒸し料理のスピードメニューを8~10分でつくることができるので、忙しいときでも手早く調理できる。また、「循環ファン」の回転数や回転方向をきめ細かく制御する「2段均一加熱」で、庫内の左右・上下段の温度ムラを抑える。

庫内幅は、従来機種「AX-SP1」から5cm拡大した41cmで、お菓子やパンを一度にたくさん調理できる。調理網を2枚に分けることで、用途に合わせて使い分けができ、お手入れも簡単になった。

総庫内容量は30L。カラーは、レッド、ホワイトの2色。価格はオープンで、税別の実勢価格は16万円前後の見込み。

子育てファミリー向けの「AX-GA100」は、総庫内容量が30Lで、2段調理に対応する。カラーは、レッド、ホワイトの2色。価格はオープンで、税別の実勢価格は11万円前後の見込み。

アクティブシニア向けの「AX-SA100」は、総庫内容量が26Lの1段調理モデル。カラーは、レッド、ホワイト、ブラウンの3色。価格はオープンで、税別の実勢価格は10万円前後の見込み。

シングル層や夫婦2人世帯向けの「AX-CA100」は、総庫内容量が18Lの1段調理モデル。カラーは、レッド、ホワイト、ピンクの3色。価格はオープンで、税別の実勢価格は6万円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング