大阪球場をイメージした祭壇

 16日に急性心不全のため、63歳で亡くなった歌手の西城秀樹さんの通夜が25日、東京都内の青山葬儀所で営まれた。

 1970年代に、西城さんと共に「新御三家」として人気を博した野口五郎、郷ひろみのほか、生前に親交があった和田アキ子、天童よしみ、岩崎良美、浅田美代子ら多くの著名人が参列し、故人との別れを惜しんだ。

 祭壇は、西城さんが74年に大阪球場で、日本のソロ歌手として初の球場公演を成功させた功績をたたえ、同球場をイメージして作られた。赤や黄色のバラなど、約1万7千本の花が飾られ、中央のグラウンドの部分には、西城さんが愛用していた白いマイクスタンドが置かれた。

 斎場の入り口には、野口、郷と共に笑顔を浮かべる西城さんという「新御三家」の巨大パネルも設置された。

 焼香を終えた郷は「残念ですね。早過ぎます」と無念の表情を浮かべ、「僕が16歳でデビューしたときから毎日のように一緒にいて、たくさんのことをずっと同時に生きてきた人間でした。(心に)ポッカリと大きな穴が空いてしまった」と時折目に涙を浮かべながら心境を語った。

 また、通夜の数時間前から約300人のファンが集まり、斎場に流れる西城さんのヒット曲「YOUNG MAN(Y.M.C.A)」に合わせてペンライトを振るなど、別れを惜しむ姿が見られた。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます