ゲオの中古携帯電話販売が好調

ゲオホールディングスの子会社であるゲオは、2017年度におけるスマートフォン(スマホ)やタブレット端末、フィーチャーフォンなど中古携帯電話の販売台数が前年比16%増の約120万台と順調に伸ばした。

販売台数は、全国のゲオショップおよびゲオモバイル約1300店舗の実績をまとめたもの。スマホに関する豊富な専門知識を有するスタッフ「スマホ相談員」が常駐する店舗を「ゲオモバイル」と位置付け、単独店だけでなくゲオショップへの併設出店を含めて出店を増やしたことが寄与した。なお、ゲオでは16年度に販売台数が100万台を突破している。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます