「LEPLUS」のシェアが徐々に伸びてきている

家電量販店・PCショップ・オンラインショップの実売データを集計した「BCNランキング」に基づき、チャートやビジュアルでわかりやすく最新の販売動向を示す「monoChart(モノチャート)」から気になるアイテムをピックアップ。今回は、スマートフォンを衝撃から守るのに欠かせないスマホケースを取り上げる。

耐衝撃を手ごろな価格で 販売シェアのトップ3に挑む

スマホケースは長らくエレコム、レイ・アウト、「ラスタバナナ」ブランドのテレホンリースの3社がトップ3を占めていた。しかし、2017年秋以降、MSソリューションズのスマートフォンアクセサリブランド「LEPLUS(ルプラス)」のシェアが拡大。直近の18年4月には7.29%を占めた。

スマホケースの税別平均価格は2000~2100円程度。LEPLUSは、その平均以下の価格から耐衝撃タイプの製品を販売している。「LEPLUS」のブランドサイトでは、「価格をプラスせず、クオリティだけをプラス」と説明している。

自分らしさを示すファッションアイテムではなく、純粋にスマホを強い衝撃による破損から守るためのケースとして、「LEPLUS」は支持を集めているようだ。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます