350ml缶サイズのモバイルプロジェクター

Ankerグループの日本法人であるアンカー・ジャパンは5月29日、「Anker」ブランドでAndroid搭載モバイルプロジェクター「Anker Nebula Capsule」の販売をオンラインストアAmazon.co.jpと一部の家電量販店などで開始したと発表した。税込みの販売価格は3万9800円。

昨年秋、米国のクラウドファンディングサイト「Indiegogo」で約4700人のバッカーから1億4000万円以上の支援金を集めたAnkerグループ初のスマートエンタテインメントデバイス。350ml缶サイズのコンパクトボディに機能が凝縮されている。米テキサス・インスツルメンツ製DLPテクノロジーのIntelliBrightアルゴリズムを採用し、100ANSIルーメンの明るさでPCやスマートフォン、タブレット端末から最大100インチの映像を投影できるほか、360°スピーカーでサウンドを部屋のどの位置からでも楽しめる。Andorid 7.1の搭載で、「YouTube」「Amazonプライム・ビデオ」「Netflix」などから動画コンテンツを直接映し出す。約3時間連続で鑑賞が可能。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます