Blind Engine

AJAX(アイアス)は5月22日、家庭用ブラインドをスマートフォンやスマートスピーカーから操作できる「スマート電動ブラインド」にするIoTデバイス「Blind Engine(ブラインドエンジン)」を発売した。税別価格は1万6574円。

簡単に取り付けられ、手軽に自宅のブラインドを自動化できるブラインド自動化機器。スマートフォン1台あたりの利用可能台数の限定はなく、インターネットに接続されていれば何台でも操作できるので、市販の電動ブラインドに比べ、圧倒的に低コストで電動化できる。

開閉時間や開閉状態を複数設定可能なタイマー機能や、自宅から半径100mを基準に半径内外にユーザーの位置情報に応じてブラインドを上げ下げする自動機能も備えている。

安全性にも配慮しており、動作中に子どもやペットなどが開閉コードをひっぱったり、ブラインドに巻き込まれた場合は自動停止する。なお、スマートスピーカー(Amazon Echo/Google Home/Line Clova/Apple HomePod)の日本語対応は順次対応予定。スマートフォンの対応OSはiOS 8.0以降、Android 4.4以降。取付可能なブラインドのサイズは2.5×2.5mまたは重さ7kg以下(開閉コードのないブラインド、ロック装置があるブラインドなどを除く)。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます