アイシャドウパレットを買うと、塗り方の説明が書いてある場合が多いです。それはメーカー推奨の塗り方なので、確かに狙った効果を出しやすいですよね。

しかし、アイシャドウパレットにはたくさんのカラーが入っています。工夫次第で、いろんな雰囲気にすることができるのです。

今回は、オススメのプチプラアイシャドウを使って、仕事用の「オンモード」、デート用の「オフモード」になれる“2WAYの塗り方”をご紹介します。

ふんわり感を出せるアイシャドウ

まずご紹介するのは、インテグレートのレインボーグラデアイズ(PK204)。ピンク系にブルーラメが入っている、ちょっと珍しい配色です。

ハート型にセットされたパレットで、思わずパケ買いしてしまいそう。しかし、見た目が可愛いだけでなく、実力派です!

オンモードで使うのは3色。まず、左上のハイライト(A)をアイホール全体に塗り、その上から薄いピンク(C)を重ねましょう。目の際をブラウン(E)で引き締めて、完成です。

親しみやすい、優しげアイをメイクできますよ。

このパレットでモテメイクをするには、全てのカラーを活用します。アイホールにハイライト(A)と薄いピンク(C)を塗るところまでは一緒です。

その後、濃いめピンク(D)を二重幅に塗り、目の際にブラウン(E)を。その上に、ブルーラメをオン。上まぶた全体にブラシで乗せるとキレイに仕上がります。

さらに、下まぶたに薄いピンク(C)をふんわりと乗せるとキュートさアップ!

ブルーラメは、肌に乗せるとシルバーのような輝きに。腫れぼったくなりやすいピンクを抑えてくれます。まばたきするたびにキラキラする目元に、思わず釘付けになりそうです。

このように、1つのパレットでも違った雰囲気に仕上げられるのです。

オンモードもオフモードも優しいイメージにはなるので、柔らかい女性像を目指している方にもオススメのアイテムですよ。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます