Xperia XZ2 SO-03K

NTTドコモは、ソニーモバイルコミュニケーションズ製の5.7インチAndroidスマートフォン「ドコモ スマートフォン Xperia XZ2 SO-03K」を5月31日に発売する。アーチ形状で持ちやすい新デザインで、カラーは、ディープグリーン、リキッドブラック、リキッドシルバー、アッシュピンクの4色。

Xperiaシリーズで初めて、約5.7インチ、解像度1080×2160、18:9の縦長ディスプレイを搭載。本体サイズはほぼそのままで、画面サイズは約5.2インチの「Xperia XZ1」に比べ、約13%アップし、表示領域が広がった。

世界初の4K HDR動画を撮影可能な約1920万画素のカメラを搭載し、4K HDR動画では夕暮れ時の空を色鮮やかに、逆光時も白とびや黒つぶれすることなく撮影できる。静止画でも「先読み撮影」「オートフォーカス連写」などで大切な瞬間も録り逃さない。

エンターテインメント関連機能としては、Xperia史上最大音量のフロントステレオスピーカーに、独自のサウンド解析技術によってミュージックビデオや映画、ゲームの音にあわせて本体が振動する「ダイナミックバイブレーションシステム」を搭載する。さらに、YouTubeなどの動画をHDR相当の映像にアップコンバートする機能や、インカメラにXperia独自の3D撮影機能「3Dクリエーター」を備える。

CPUにはオクタコアのQualcomm SDM845を採用。メモリは4GB、ストレージ容量は64GB。置くだけで充電が可能なワイヤレス充電「Qi(チー)」や、バッテリの長寿命化を実現する独自の「いたわり充電」、IPX5/8の防水・IP6Xの防塵などに対応している。

OSはAndroid 8.0。サイズは約幅72.0×高さ153.0×奥行き11.1mmで、重さは約198g。なお、デュアルカメラのプレミアムモデル「Xperia XZ2 SO-03K」は今夏、5インチ縦長ディスプレイのコンパクトモデル「Xperia XZ2 SO-05K」は6月下旬発売予定。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます