富士通と銀座三越が服のシェアリングサービスをトライアル検証

富士通は、スマートフォン(スマホ)アプリを通してオンラインと実店舗で商品のシェアリングを実現するシステムを開発、システムの有用性や事業性の検証を目的としたトライアル検証を、三越伊勢丹の従業員向けに6月18日、顧客向けに8月1日に実施する。

開発したシステムは、アパレルメーカーや百貨店が商品データを登録するだけでスマホアプリを利用したシェアリングサービスを簡単に始めることができるというもの。顧客は、サービスを通じて普段馴染みのない服を実店舗で試着したり、スマホアプリで手軽にレンタルしたりできる。実店舗の販売員(スタイリスト)がチャットでコーディネートを提案することも可能だ。

トライアル検証では、顧客がスマホアプリを利用して銀座三越で取り扱う対象商品に付いたQRコードを読み取って、商品をレンタル(有料)できるサービスを提供する。実店舗で「お気に入り登録」の商品やアプリ内で検索して興味をもった商品を、実店舗の営業時間外も含めて、スマホアプリを通じてレンタル予約が可能となる。バーチャルコーディネートやチャットを通じたスタイリストへのスタイリングを相談できる機能などの活用も検証し、シーンや目的に応じた特別な日の上質な装いのコーディネートも手伝う。検証結果をもとに、富士通では機能強化などを図って小売業やアパレル業などへのサービスとして提供を検討していく。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます