アップル、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」をアップデート

2014.7.31 14:41配信
MacBook Pro Retinaディスプレイモデル(13インチ、15インチ)

アップルは、7月29日、より高速のプロセッサを搭載した「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」と、4000円値下げした「MacBook Pro」を発売した。税別価格は、「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」が12万8800円から、「MacBook Pro」が10万8800円。

「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」は、厚さ1.8cmと薄く、軽いアルミニウム製ユニボディに、高解像度の「Retinaディスプレイ」、最新プロセッサとパワフルなグラフィックス、128/256/512GBのフラッシュストレージを搭載し、クリエイティブ作業などで高いパフォーマンスを発揮する。

画面サイズは、13.3インチ(解像度2560×1600ピクセル)と15.4インチ(解像度2880×1800ピクセル)の2サイズ。13・15インチとも、最も価格の安いエントリモデルは、搭載メモリの容量を従来の2倍に増やし、15インチの最上位モデルは価格を引き下げた。バッテリ駆動時間は、13インチが最大9時間、15インチは最大8時間。サイズと重さは、13インチが幅314.0×奥行き219.0×高さ18.0mmで1570g、15インチは幅358.9×奥行き247.1×高さ18.0mmで2020g。

いずれも、720p対応のFaceTime HDカメラ、Thunderbolt 2ポート、USB3.0ポート、HDMIポート、SDXCカードスロットなどを備える。OSは、最新のOS X Mavericksで、アップル独自のアプリケーション「iLife」と「iWork」を無料でプリインストールする。さらに、今秋リリース予定の次期OS「OS X Yosemite」を、アプリ配信ストアのMac App Storeで無料でダウンロード提供する。

税別価格は、2.6GHz(Turbo Boost時は最大3.1GHz)デュアルコアIntel Core i5プロセッサ、8GBメモリ、128GBフラッシュストレージを搭載した13インチモデルが12万8800円、2.6GHz(Turbo Boost時は最大3.1GHz)デュアルコアIntel Core i5プロセッサ、8GBメモリ、256GBフラッシュストレージを搭載した13インチモデルが14万7800円、2.8GHz(Turbo Boost時は最大3.3GHz)デュアルコアIntel Core i5プロセッサ、8GBメモリ、512GBフラッシュストレージを搭載した13インチモデルが17万5800円。

2.2GHz(Turbo Boost時は最大3.4GHz)クアッドコアIntel Core i7プロセッサ、16GBメモリ、256GBフラッシュストレージを搭載した15インチモデルは19万4800円、2.5GHz(Turbo Boost時は最大3.7GHz)クアッドコアIntel Core i7プロセッサ、16GBメモリ、512GBフラッシュストレージ、Intel Iris Pro Graphicsに加え、NVIDIA GeForce GT 750M Graphicsを搭載した15インチの最上位モデルは24万8800円。13・15インチとも、CTO(注文仕様生産)オプションで、より高速のプロセッサや最大1TBのフラッシュストレージなどを搭載できる。

「MacBook Pro」は、解像度1280×800ピクセルの13.3インチ液晶ディスプレイ、2.5GHz(Turbo Boost時は最大3.1GHz)のデュアルコアIntel Core i5プロセッサ、500GBのHDD、4GBのメモリ、8倍速SuperDriveなどを搭載。メモリ容量はCTOオプションで8GBに変更できる。サイズは幅325.0×奥行き227.0×高さ24.1mmで、重さは2060g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング