KDDI、「デュオカメラ」を搭載した「HTC J butterfly」最新モデル

2014.7.31 18:4配信
HTC J butterfly HTL23

KDDIと沖縄セルラーは、二つのレンズで奥行き感が楽しめる「デュオカメラ」を搭載したHTC製ハイスペックスマートフォン「HTC J butterfly HTL23」を8月下旬以降に発売する。

世界初のAndroid搭載スマートフォンを手がけたHTCが、日本市場向けに特化して開発したau限定モデルの第四弾。約5.0インチのフルHD液晶ディスプレイを搭載し、直観的で心地よい操作感を継承しつつ、IPX5/IPX7の防水・IP5Xの防じん、フルセグ、進化したカメラ機能など、性能を強化した。カラーは、ルージュ、キャンバス、インディゴの3色。

メインカメラとして、1300万画素と200万画素の二つのレンズで人間の目のような奥行き情報の光学データを取得し、撮影後でも自在に加工や装飾ができる「デュオカメラ」を搭載。アプリを使わず、撮影後に自在にフォーカスを選択できる「UFocus」や擬似的な立体効果を演出する「3次元効果」、切り取った画像を別の画像に張りつけて加工する「コピー・アンド・ペースト」など、二つのレンズで実現する奥行きを利用した機能を備える。

このほか、国内初となる500万画素のフロントカメラ、臨場感のあるサウンドが楽しめるデュアルフロントステレオスピーカー、2.5GHzクアッドコアCPUなどを搭載する。OSはAndroid 4.4。バッテリ容量は2700mAh。サイズは約幅70.0×高さ145.0×奥行き10.0mmで、重さは約156g。高音質なハイレゾ音源にも対応した「JBL ハイパフォーマンス インイヤー ヘッドフォン」が付属する。ヘッドフォンのカラーは、au限定色のオレンジ。

他の2014年夏モデル同様、LTEの次世代高速通信規格「LTE-Advanced」の技術を応用した「キャリアアグリゲーション」と、UQコミュニケーションズが提供する受信最大110Mbpsの高速データ通信サービス「WiMAX 2+」に対応する。

au公式アクセサリ「au +1 collection」では、使いやすさを追求した独自のユーザインターフェース「HTC Sense」と組み合わせることで、ケースのフタを開けなくても電話やメールの着信通知などを確認できる専用ケース「ドットビューケース」やブックタイプケース、ハード/ソフトカバー、液晶保護フィルムなどを揃える。「ドットビューケース」のカラーは、Gray、Blue、Orangeの3色。

新しい「HTC J butterfly」は、HTC NIPPONが8月19日に開催する「HTC Conference Tokyo 2014」で披露する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング