ヤフー、スマートフォン向けの無料アプリ「Yahoo!カーナビ」の提供を開始

2014.7.31 19:10配信
国内で初めてVICSに対応するスマートフォン向けカーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」

ヤフーは、7月31日、スマートフォン向けの無料アプリ「Yahoo!カーナビ」を31日から提供すると発表した。

国内で初めてVICS(道路交通情報通信システム)に対応するスマートフォン向けの無料カーナビアプリ。リアルタイムで渋滞情報や交通規制情報を提供し、最適なルートを音声と3Dルートマップで案内する。

発表会で、システム統轄本部の石田幸央マップイノベーションセンター長は、「さまざまな交通手段があるなかで、日本人がクルマで移動する時間は全体の約8割を占める」とカーナビ需要を説明。「スマートフォン所有者で車載カーナビを利用している人は、約1689万人。このセグメントに新サービスを訴求していきたい」とターゲットを語った。

また、「多数の日本メーカーと協力することで、これまでのスマートフォン向けカーナビアプリにはないリッチなコンテンツを実現した。Googleなど、海外メーカーからマップアプリの利用時間シェアを取り戻したい」と、独自のサービスによって競合に対抗していく考えを明かした。

「おすすめ」「高速道路優先」「一般道路優先」の3種類のルート検索ができるナビゲーションは、レーン情報や高速道路の分岐をリッチなイラストで表現。視認性だけでなく、分岐点ごとに交差点名をアナウンスする音声案内にも対応し、耳からの情報にも配慮した。

全国約2万4000か所の貸駐車場の満車・空車がひと目でわかる「駐車所検索」は、5~10分間隔で情報を更新。リアルタイムで、いま利用できる駐車場を探すことができる。「ガソリンスタンド検索」では、ガソリン価格を調べることができ、一部地域では「みんカラ洗車倶楽部」が提供する「洗車クーポン」に対応する。

また、全国約3万1000か所にあるJAF(日本自動車連盟)優待施設を検索する機能を搭載。会員証を見せれば、優待サービスを受けることができる。

実際に利用すると、既存の地図アプリ「Yahoo!地図」とは完全に別物であることがわかる。立体感のある3Dマップは、周囲の建築物や道路のつながりが一目瞭然で、クルマが移動してもスムーズに地図上に走行軌跡を表示する。また、ルート周辺のガソリンスタンドやコンビニ、トイレを地図内にマッピングする機能で、初めて訪れるルートでも非常時にすぐに対応することができる。

・「Yahoo!カーナビ」アプリ(iOS版/Android版)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング