『パズル』BD&DVD特典映像はコワカワイイ!

2014.8.1 10:18配信
『パズル』ブルーレイ(C)2014「パズル」製作委員会

『先生を流産させる会』で、センセーショナルなタイトルのみならず、内容も賛否を集めた内田瑛亮監督の最新作『パズル』のブルーレイ&DVDが5日(火)にリリースされる。特典映像には、同映画で主演を務めた夏帆がナレーションを務める紙人形劇『パズル』が収録されており、“コワカワイイ”出来になっている。

『パズル』特典映像

『リアル鬼ごっこ』『親指さがし』ほかで知られ、若者から絶大な支持を得る山田悠介のベストセラー小説をベースに映画化された『パズル』は、ある事件によって心に傷を負い、高校の屋上から飛び降り自殺をはかるも命を取り留めた少女・中村梓(夏帆)と、梓の闇に深く共鳴した少年・湯浅(野村周平)を軸に展開するサスペンスホラー。血みどろの事件が重ねられていくにも関わらず、観終わると青春ストーリーとしての側面も感じさせる作品だ。

映画本編では、湯浅の行動で次第に自らを解放していく梓の姿が描かれていくが、とある人物がすべてを操る紙人形劇は、また違った趣の空気感を打ち出す。湯浅の心の軌跡が梓との関係によって綴られ、内藤監督によって生み出されたポップで可愛らしいキャラクターたちと、豆電球などの装飾を施された背景や特徴的な効果音が相まって、奇妙に残酷な世界観を確立している。

そしてナレーション担当の夏帆の穏やかな声が魔訶不思議な空間をより一層、際立たせつつ、第一、第二、第三のパズルが進むに伴い増えていく死者…と、本編を集約させた内容になっている。単体でも十分にコワカワイイ紙人形劇だが、本編を観てから鑑賞すればより楽しさを感じられるはずだ。

『パズル』
8月5日(火)発売
ブルーレイ:4700円(税抜き)
DVD:3800円(税抜き)
発売:株式会社KADOKAWA 角川書店
販売元:ポニーキャニオン

取材・文・写真:望月ふみ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング