イグアス、米3Dシステムズのパーソナル3Dプリンタ「Cube 3rd generation」「CubePro」の先行予約を開始

2014.8.1 17:58配信
「Cube 3rd generation」(左)と「CubePro」

JBグループのイグアスは、8月1日、米3Dシステムズ製のパーソナル3Dプリンタ「Cube 3rd generation」と「CubePro」の先行予約を開始した。発売は9月下旬を予定している。

ともに造形方式はPJP(Plastic Jet Printing)方式を採用。3Dデータの転送には、USBメモリまたは無線LANを使用する。

「Cube 3rd generation」は「Cube」の後継機種で、新たに2基のヘッドを搭載し、複数色の造形物の制作ができる。積層ピッチをより細かくして、これまでより滑らかな造形物を制作できるようにするとともに、より豊富な素材・色に対応した。

最大造形サイズは152×152×152mm。造形素材はPLA(プラスチック)とABSに対応する。カラーは、グレー、ホワイトの2色。税別価格は16万円。

「CubePro」は「CubeX」の後継機種で、ヘッド数と最大造形サイズの異なる「CubePro」「CubePro Duo」「CubePro Trio」の3モデルがある。いずれのモデルも、造形素材はPLA(プラスチック)、ABS、Nylonに対応する。

ヘッド1基の「CubePro」は、最大造形サイズが275×265×240mm。税別価格は44万8000円。

ヘッド2基の「CubePro Duo」は、最大造形サイズが230×265×240mm。税別価格は48万8000円。

ヘッド3基の「CubePro Trio」は、最大造形サイズが185×265×240mm。税別価格は54万8000円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング