"優しい別れの理由"に注意!彼が言う「別れのセリフ」本当の意味8パターン

いつかはやってくる別れ。その理由はいろいろありますが、彼が「優しすぎる男だった」ため、よくわからない理由を言われて、受け入れたけどモヤモヤ……そしていまだに意味が分からないまま。そんな経験はありませんか? そこで今回は知人男性からの聞き取りと、筆者の体験談から「優しいけれど意味不明な別れの理由」について考えてみました。

 

いつかはやってくる別れ。その理由はいろいろありますが、彼が「優しすぎる男だった」ため、よくわからない理由を言われて、受け入れたけどモヤモヤ……そしていまだに意味が分からないまま。「言っていることが抽象的すぎてわからない」「とくに問題はないと思ってたのに」「今も思い出しては悩んでしまう」……。

そんな経験はありませんか?

そこで今回は知人男性からの聞き取りと、筆者の体験談から「優しいけれど意味不明な別れの理由」について考えてみました。

1. わがままになってほしかった

「わがままな女性が好きだなんて聞いてないよ!」と言いたいところですが、それは「なんか好きになれない」という意味です。はっきり原因を説明できないので、「わがままになって欲しかった」とありえないことを言うのです。「生理的に受け付けないところがある」ということに気づいたときに使う場合も。

2 . もっとケンカをしたかった

ケンカなんてしないに越したことはないのに、したかったとは……。刺激が足りなかったり、女性が彼のいいなりになっていた場合に言います。

3.  重くなってもよかった

さっぱりサバサバタイプのあなたのせいにしています。「重ければそれもイヤなくせに」と思うのですが。

4. この先誰も好きになれないよ

酔っています。筆者も言われたことがありますが、すぐ別の子と付き合っていました。しかも筆者と正反対のタイプの女性。「この先、お前のようなタイプは好きになれない気がする」という意味でした(笑)。

5. いい子すぎる

自分はそんなにいい人になれない。自分は悪い人。罪悪感を感じているため言うパターンと、同じ分だけ愛情を返せないので、重く感じてきたパターンと二つあります。

6. このままだと傷つけるかもしれない

すでに傷つける行動をしているのに、それを打ち消したいために言う言葉。心の中での謝罪がこの台詞に表れています。

7.  俺にはもったいない

付き合っておいて「もったいない」とは言いません。最後のリップサービスでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます

いま人気の動画

     

人気記事ランキング

ソーシャルアカウント