ソニー・ピクチャーズが『スパイダーマン』の世界を舞台にした女性のスーパーヒーロー映画を企画している。

『スパイダーマン』のコミックに出てくるどの女性を主人公にするのかは明らかになっていないが、業界関係者の間では、ブラック・キャット、シルバー・セイブラー、ダズラーのどれかではないかという憶測が出ている。

脚本は現在、脚本家リサ・ジョイが執筆中で、北米公開予定は2017年。2016年にはスパイダーマンの悪役を集めた『The Sinister Six(原題)』、2018年には『アメイジング・スパイダーマン3』が公開になる予定だ。

文:猿渡由紀

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます