楽天銀行、Facebookを利用した送金サービス「Facebookで送金」を開始、イベント参加費や食事会の精算などに

2014.8.6 18:14配信
画面イメージ

楽天銀行は、8月5日、日本で初めてFacebookを利用した送金サービス「Facebookで送金」を開始した。

「楽天銀行アプリ」から楽天銀行の口座にログインした後、「楽天銀行アプリ」内のFacebookの「友達リスト」から、送金する相手を選択し、金額を入力するだけで送金ができるサービス。受取人は、Facebook上に届いた送金通知に記載してあるURLにアクセスし、受取口座を指定することで入金手続きが完了する。受け取り人が楽天銀行に口座を持っていない場合でも送金することができる。

送金時には、最大50字までのメッセージを添えることができる。イベントなどの参加費の事前徴収、友人への支払い、食事会や旅行の精算など、新たなコミュニケーションツールとしても活用できる。送金人・受取人ごとの取引履歴は、簡単に確認できる。

送金は、円貨限定。送金手数料は、Facebookアカウントを連携済みの楽天銀行口座ユーザー宛ては無料。楽天銀行口座宛てでも、受取人がFacebookアカウントを未連携の場合や、他行口座宛ては、1件165円。なお、Facebook上に投稿された送金通知は、送金人と受取人だけが閲覧できる。

サービス開始を記念して、9月4日23時59分までに「楽天銀行アプリ」から楽天銀行口座を開設し、Facebookアカウントと連携した人を対象に、楽天スーパーポイント200ポイントをもれなくプレゼントする。また、9月12日23時59分までに「Facebookで送金」での初回送金手数料を最大5件まで後日現金でキャッシュバックする「つかってみよう! 今なら! 初回送金手数料5人分までを全額キャッシュバック」を行っている。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング