コヴィア、Android 4.4搭載のSIMフリースマートフォン「FLEAZ F5」、デュアルSIMスケジューラ対応

2014.8.7 12:47配信
FLEAZ F5

コヴィアとコヴィア・ネットワークスは、SIMフリースマートフォンの新ブランド「FLEAZ」の第一弾として、Android 4.4搭載の「FLEAZ F5」を、8月下旬に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万8800円前後の見込み。

Android 4.4を搭載し、NTTドコモのFOMAネットワークのFOMAエリアとFOMAプラスエリアに対応するSIMフリースマートフォン。

クアッドコアCPUを採用し、5インチIPS液晶ディスプレイ(解像度960×540)、1GBのメモリを搭載する。無線通信機能は、IEEE802.11a/b/g/n準拠の無線LANとBluetooth 4.0。

W-CDMA規格のSIMスロット×2(標準SIMスロット×1、microSIMスロット×1)を搭載。それまで使っていた携帯電話用のSIMカードと、格安のデータ通信専用SIMカードをセットにして、電話番号はそのままで通信費用を抑えたスマートフォンとして使用することもできる。

使用するSIMカードは、メニューから簡単に切り替えることができ、「マニュアル」「オート」「スケジュール」の3種類のモードで、設定したスケジュールに合わせてSIMを切り替えるSIMスケジューラー機能を搭載する。

このほか、Bluetoothテザリング機能に対応。GPSは準天頂衛星システムから位置情報を受信できる。グラスコーティングを施した高級感のある本体ケースは、グリーンドット(ブラック)と、パールホワイトの2色が付属する。サイズは幅72.0×高さ141.0×奥行き9.2mmで、重さは約145g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング