Google アシスタントの新機能発表会に登場したハローキティとシナモンロール

Googleは6月5日、音声アシスタント機能「Googleアシスタント」の新機能として、ハローキティやシナモンロールと話せるなど親子で楽しめるコンテンツを追加した。

発表会の冒頭で、製品開発本部長の徳生裕人氏は「Google アシスタントのスマートフォン提供開始から約1年が経ち、日本ではユーザー数が約5倍に伸びている」とサービスの利用状況を説明。2018年初頭からは開発者向け機能を拡充し、ユーザーのリクエストから関連アクションをおすすめするImplicit Invocationやスマホでチケット予約や決済処理が可能なTransaction APIなどを公開している。

6月5日のアップデートで追加されるのは以下の10機能。ウェザーロイド Airi、こども英会話、おしゃべりえほん、「にほんごであそぼ」の紙芝居、「えいごであそぼ」のオートンクイズ、ハローキティトーク、シナモンといっしょにチャレンジ!、シナモンロールトーク、ぐるぐるたしざん、ディズニーマジカルえほん。

近日中にGoogle Homeで「Google Play Books」で購入したオーディオブックを再生する機能も実装する予定だという。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます