ソニーマーケティング、VAIO製ノートPC第一弾の価格と法人向け受注開始日を変更

2014.8.7 18:55配信
「VAIO Pro」(左)と「VAIO Fit」

ソニーマーケティングは、8月7日、ソニーから分離した「VAIO」ブランドのPC専門会社VAIOが製造する第一弾製品「VAIO Pro 11」「VAIO Pro 13」「VAIO Fit 15E」の販売価格と法人向け受注開始日を変更すると発表した。

ソニーマーケティングは、VAIOの国内販売総代理店として、日本国内向けの販売活動を担う。7月1日にVAIOが発表した11.6型モバイルノート「VAIO Pro 11」、13.3型モバイルノート「VAIO Pro 13」、15型ノート「VAIO Fit 15E」の2シリーズ・3モデルの販売価格を変更する。

変更理由は、市場環境を総合的に勘案した結果。税別価格は、「VAIO Pro 11」が当初予定の12万円~を10万9800円~に、「VAIO Pro 13」が13万円~を11万9800円~に、「VAIO Fit 15E」が10万円~を8万9800円~に、それぞれ引き下げる。すでに受注している顧客には個別に連絡し、新しい価格を適用する旨を案内する。

また、法人向けの受注開始日を、ソニーマーケティング内でのシステム準備の都合によって、当初予定していた8月4日から8月7日に変更する。なお、一般ユーザー向けの受注は、予定通り7月1日に開始している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング