PCデポ、手続きや設定をしてから提供する格安スマートフォン、1490円から

2014.8.8 17:28配信
低価格スマートフォンとして販売するコヴィア製の「CP-F03A」

ピーシーデポコーポレーション(PCデポ)は、店頭の技術者が手続きや設定をしてから提供する低価格スマートフォンを9月1日に発売する。税別月額は、業界最安クラスの1490円。8月15日から予約を受け付ける。

音声通話対応のスマートフォンと通信料をセットで提供するサービス。MNP(携帯番号ポータビリティ)に対応する。店頭の技術者が開通・設定・サポートなどを行うことで、ローコストを実現した。大手キャリアと同じように、店頭で手続きすることで、初心者などでも安心して利用できる。ユーザーは、店頭ですべての手続きや設定が完了した端末を受け取る。

料金プランは、スマートフォン本体代金込み。税別月額料金は、下り最大128kbps通信が無制限で利用できるプラン「ozzio スマートフォンライトプラン powered by U-mobile」が1490円、下り最大14.4Mbpsが1か月3GBまで利用できる高速通信対応プラン「ozzio スマートフォンかなり充分プラン powered by U-mobile」が2490円。各プランは、契約事務手数料が税別3000円、基本料が0円、通話料金が税別30秒20円。3年以内に解約した場合は、契約解除料が発生する。

別途、サポートオプション「継続サポート&ウイルス安全対策」と、機器オプション「iPad mini 16GB」を、それぞれ税別月額500円で提供。「かなり充分プラン」向けには、「継続サポート&ウイルス安全対策」と「iPad mini 16GB」をあわせて税別月額500円で提供する。

スマートフォンは、コヴィア製「CP-F03A」(PC DEPOT OEM モデル)。4.5インチ液晶、1.2GHzのクアッドコアプロセッサを搭載する。OSは、Android 4.4。対応ネットワークは、NTTドコモのドコモFOMA 3Gで、高速通信LTEのXiには対応していない。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング