MixerとESLが提携

ゲームストリーミングサービス「Mixer」を提供するマイクロソフトと国際的なeスポーツ大会をライブ配信するサイト「Electronic Sports League(ESL)」を運営するESLが5月、パートナーシップを結んだ。これにより、eスポーツ大会の動画が遅延時間(タイムラグ)のほとんどない状態で視聴できるようになる。

ゲームストリーミングサービスは多くの場合、動画を配信するユーザー(ストリーマー)と視聴者の間に10秒程度のタイムラグがある。2017年5月、マイクロソフトが提供を開始したMixerは、独自プロトコルの「FTL(Faster Than Light)」によってタイムラグ1秒未満を実現した。

ESLは、「Intel Extreme Masters」「ESL One」などの国際的なeスポーツ大会を開催する世界最大級のeスポーツプラットフォームだ。これまで利用していた「YouTube」や「Twitch」などの動画サービスにMixerを加えることで、10以上の言語に対応したライブショーを実施できるほか、1万5000時間以上の試合を視聴できるようになるという。

大会動画の視聴者は、試合へのコメントや選手へのエールなどをリアルタイムに届けられるので、会場にいるかのような一体感を得られる。大会の観戦チケットが手に入らなかったり、来場できない事情があったりするユーザーにとっては、非常に魅力的な動画サービスといえる。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます