イ・ホンギ熱演! 世界初演の韓国ミュージカルの見どころとは

2014.8.11 16:48配信
ドラキュラ役を熱演 イ・ホンギ(FTISLAND) ドラキュラ役を熱演 イ・ホンギ(FTISLAND)

東京・Bunkamura オーチャードホールにて今月10日から上演中の韓国ミュージカル『VAMPIRE~愛と憎しみの果て~』。開幕にさきがけ9日、同所にて舞台稽古が行われた。

原作は、欧州ミュージカルの代表作『DRACULA』。1995年にチェコ・プラハでの初演以降、欧州各国で500万人以上を魅了してきた人気作を、『ジャック・ザ・リッパー』や『三銃士』などを手がけた韓国を代表するクリエーター陣がドラマティックにリメイク。愛や死、そして憧れ、憎しみなどの普遍的テーマを描いたゴシック・ラブロマンスだ。韓国でもまだ上演されておらず、日本にて世界初演となる。

大司教の呪いによって吸血鬼“ヴァンパイア”に変えられたドラキュラ伯爵とドラキュラのために自ら命を絶った恋人アドリアナ。時を経て、ドラキュラ伝説の研究に没頭し次第に惹かれ、望んで吸血鬼と化したロレイン。そして、ロレインに思いを寄せ、裏切られたことから復讐の鬼と化すスティーブン。さらに時が流れ、ドラキュラの前に現れる、アドリアナと瓜ふたつの歌手サンドラ。それぞれの愛と苦悩、そして怒りや悲しみが、美しいナンバーに乗せて情感たっぷりに歌い上げられ、いつしか物語に引き込まれてしまう。

この日、主人公のドラキュラを務めたのはイ・ホンギ。FTISLANDというバンドのボーカルで、歯に衣着せぬ発言で楽しませる普段のホンギを知っている人なら、ドラキュラへの変身は驚きと歓心をもって受け入れられるはず。「ライブの時とは違う、新しい僕の姿にミュージカルで会えます」とホンギが胸を張るドラキュラは、絶望と怒りから神をも恐れぬ言動をし、血をすすりながら生きる吸血鬼になってしまうが、その素顔は一途にひとりの女性を愛し続ける男だ。“愛と憎しみは表裏一体”を体現するようなスティーブンが、彼の愛を一層引き立てる。感情を爆発させ魂の叫びを唄うシーンは必見。また、1幕終わりには女子のハートを鷲づかみにする、拒みようのない“甘美な誘惑”が待っているので、ぜひ、劇場で味わってほしい。

さらに、立体的で重厚感のあるセットだけでもワクワクしてしまう。が、そこに30人以上のアンサンブルが、登場人物の感情や状況を表現し、物語の行方を暗示し、あやしく艶かしさをともなった躍動感あふれるダンスで物語に厚みを加える。アクロバティックでダイナミックなダンスは迫力満点。ワイヤーアクションも見応え十分だ。

互いを思う深い愛情、自己犠牲の愛、手の届かないものへの憧れなど美しく切ない恋情を描く一方で、人の心の闇や愚かさも描いた本作。“愛と憎しみの果て”にあるものとは…。

ドラキュラ役をイ・ホンギ、ソンミン(SUPER JUNIOR)、ソンギュ(INFINITE)のトリプルキャストで送るミュージカル『VAMPIRE ~愛と憎しみの果て~』は、8月27日(水)まで。8月21日(木)から27日(水)までの7公演については、ソンギュによるアフタートークショーも行われる。詳細は公式サイトまで。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング