「やせうま」「インド煮」「ナゥピー」…地元民しか食べられない、全国『ご当地給食』まとめ

2014.8.13 17:00

自分が子どもの頃に食べたあの味。もしかしたら、その地域でしか食べられない"ご当地給食"かもしれません。今回は、そんな給食の中でも、ある地域でしか食べられていないご当地給食にスポットを当て、ご紹介していきたいと思います。

揚げパン、カレーライスにソフト麺、それに冷凍みかん。みなさんはどんな給食が好きでしたか? 幼稚園や小学校で初めて食べた給食。楽しみにしていたメニュー、ちょっと苦手だったメニュー、それぞれに思い出があるのではないでしょうか。

■バラエティ豊かな"ご当地給食"拝見!

さて、「給食」と一言で言っても、きっと思い出は人それぞれですよね。それに、自分が子どもの頃に食べたあの味。もしかしたら、その地域でしか食べられないご当地給食かもしれません。

今回は、質疑・疑問に答えるQ&Aサイト「OKWave」さんのご協力のもと、他の地域では食べることができないご当地給食をピックアップしてみました。

それでは、早速、どんなメニューがあるのか見てみましょう。

※記載している都道府県の全域で食べられているもの、特定の地域のみで食べられているもの、期間限定で給食に出たことがあるものなども含まれています。

 

麦芽ゼリー(千葉県)

現在の「麦芽ゼリー」 ※画像提供:古谷乳業株式会社
拡大画像表示

千葉県の給食でおなじみなのが「麦芽ゼリー」。

現在、保育園や小学校の給食用として、月平均2万個が提供されているのだそうです。

この麦芽ゼリーは当時の栄養士さんを通した「栄養補助できるデザート」という学校給食のニーズを受け、子供たちを応援するデザートとして粉末麦芽飲料を主原料に、ココアパウダーを入れたゼリーを開発。

『麦芽ゼリー』の名称で、昭和53年から「千葉県民のおやつ」として学校給食で多くの子供たちに親しまれているのです。

今回、古谷乳業株式会社営業企画管理部の岩渕さんにお話を伺ったところ、「麦芽ゼリー発売当時の小学生が今、ちょうど30代後半から40代で、懐かしくなってお問合せをして頂いたり、SNSや各サイトで盛り上がって頂いているようです。」とのこと。

もしかしたら、みなさんが食べていたのはこの辺りのデザインの麦芽ゼリーだったかも…
※画像提供:古谷乳業株式会社
拡大画像表示

今でも、この味を忘れられない大人のみなさんがSNSで盛り上がったりしているそうですし、調べてみると千葉あるあるなどの話題によく登場したりしていますね。まさに千葉県の子どもたちそして、あの頃子どもだった人たちのソウルフードなのかもしれませんね!

いま人気の動画

     

人気記事ランキング