関ジャニ安田「岩松さんにしごかれるのが楽しみ」

2014.8.14 16:30配信
左から、升田高寛 東急文化村 代表取締役社長、岩松了、大政絢、風間杜夫、烏丸せつこ、渡辺真起子 左から、升田高寛 東急文化村 代表取締役社長、岩松了、大政絢、風間杜夫、烏丸せつこ、渡辺真起子

関ジャニ∞安田章大、3年ぶりの主演舞台『ジュリエット通り』の製作発表が8月13日、都内で行われ、安田をはじめ、大政絢、渡辺真起子、烏丸せつこ、風間杜夫らキャスト陣と作・演出の岩松了が顔を揃えた。

作品は岩松の書下ろしで、高級娼婦館と住宅街の間にあるジュリエット通りを舞台に、若い娼婦スイレン(大政)と資産家の息子・太一(安田)の愛を物語を描く“現代版ロミオとジュリエット”。

「岩松さんに、どんなふうにしごかれるか楽しみで仕方ない。新しい自分が出てくると思うので、岩松さん好きにやっちゃってください。僕を調理してください」と意欲満々の安田。台本はまだ出来上がっていないと前置きしながらも「家庭と娼婦の館、本来交わるはずのない場所がところどころ交わっていく。そうなると人間の葛藤が出てくる。その葛藤を上手に描いていきたい。舞台ならではの“リアル”を表現できたら」と意気込んだ。

一方ヒロイン役の大政は「先ほど岩松さんに聞いたら、お話いただいた時とは『娼婦スイレンの役柄は変わっているかもしれない』と言われました」と明かしながら「今は舞台に向けて体力作りに励みたい」と表情を引き締める。そんな大政の印象を聞かれた安田は「ベッピンやなと思いました。少しお話をさせていただいて、ポップなキャラクターだとも。ポップな大政さんがスイレンというキャラクターをどういうふうに演じるのか、今からすごく楽しみ」と舞台に期待を寄せた。

公演は10月8日(水)から31日(金)まで東京・渋谷のBunkamura シアターコクーンにて。公演チケットは今週末8月17日(日)より一般発売を開始。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング