検討している格安SIM/格安スマホの購入時期は?

MMD研究所は、15~70歳の大手3キャリアのスマートフォン(スマホ)を所有し、2019年4月までの1年以内に格安SIMの購入を検討している男女1077人を対象に、5月28~31日の期間で「大手3キャリアユーザーの格安SIM検討サービス調査」を実施した。

この調査によれば、検討している格安SIM/格安スマホの購入時期を聞いたところ、「2018年以内」という回答者が58.8%だったという。また、「2019年1~4月」が12.4%、「時期は未定だが、1年以内に購入を検討している」が28.7%となった。格安SIMを検討している理由は、「現在支払っている携帯の月額料金が高いと思ったから」が75.1%と最も多く、次いで「大手携帯会社の2年縛り(自動更新)があるから」が31.8%、「格安SIMでも大手で安心できると思ったから」が24.9%だったという。

なお、検討している格安SIM/格安スマホサービスを最大で三つまで聞いたところ、「Y!mobile」が55.7%と最も多く、次いで「楽天モバイル」が 50.7%、「UQ mobile」が42.2%となった。キャリア別では、「docomo」ユーザーの53.7%が「楽天モバイル」、「au」ユーザーの50.3%が「UQ mobile」、「SoftBank」ユーザーの68.2%が「Y!mobile」を最も検討していることがわかったとのこと。

※初出時の記事タイトルが不適当だったため修正しました。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます