【モンハン】あのグッズはどう生まれた!? 「モンスターハンター」10周年コラボに参加したメーカー座談会

今年、10周年を迎えた「モンスターハンター」。この夏には渋谷のヒカリエにて「10周年記念 モンスターハンター展」が開催、10月11日(土)には最新作となる『モンスターハンター4G』も発売。ゲーム業界を飛び出して広がり続けるモンスターハンターの魅力はどこにあるのか。今回、10周年コラボ企画に参加した各メーカーに集まっていただき、企画の詳細や狙いについて語っていただいた。

写真左からESP佐藤大樹氏・ESP佐々木顕博氏・バンダイ寺野彰氏 ・バンプレスト吉川太氏 ・バンプレスト小野修也氏・バンプレスト嘉村優一氏
  

今年、10周年を迎えた「モンスターハンター」。言わずと知れた国民的ゲームで、ハンティングアクションというジャンルを根付かせた大人気シリーズだ。この夏には渋谷のヒカリエにて「10周年記念 モンスターハンター展」が開催、2014年10月11日(土)には最新作となる『モンスターハンター4G』も発売。さらには、10周年を記念して様々な業界・メーカーともコラボレーションも予定されている。

 

ドゥカティジャパン加藤稔氏

ゲーム業界を飛び出して広がり続けるモンスターハンターの魅力はどこにあるのか。今回、10周年コラボ企画に参加した株式会社バンプレスト、株式会社バンダイ、株式会社イーエスピー、ドゥカティジャパンの4メーカーに集まっていただき、コラボ企画の詳細や狙いについて語っていただいた。(※ドゥカティジャパンのみ、別日に取材)

 

――お集まりいただきありがとうございます。さっそくですが、コラボ商品について教えていただけますか。

翼膜や鱗など、リオレウスのモチーフを随所に使用

 

キャディバッグ
拡大画像表示

バンプレスト:今回はモンスターハンター10周年ということでシリーズを代表するモンスターである炎剣リオレウスをモチーフとしたゴルフグッズを発売します。キャディバッグ、ゴルフボール、ゴルフマーカーの3アイテムです。ボールは全10種類、マーカーは全12種類。ボールのブランドは「kasco」なので性能も非常に良いですよ。

――キャディバッグのデザインが非常に凝っていますね。

バンプレスト:翼膜や鱗など、リオレウスのモチーフを随所に使用しています。イメージとしては、リオレウスの素材でできたキャディバッグという感じですね。特に鱗の表現はがんばりました。凹凸などの表現に注目していただきたいですね。バンプレストでは過去にモンスターハンターと一番くじやゲームセンター用景品でコラボしたのですが、ゴルフバッグは初めてです。

――なぜゴルフだったのでしょう。

バンプレスト:ゴルフグッズも徐々に始めてはいたんですよ。それで、モンハンでゴルフというのもいいんじゃないかということで。あとは10周年ということで、当時10代だったプレーヤーも大人になっていますよね。ゴルフをされている方もいるだろうと考え、10周年を機に商品化しました。

――バンダイさんはいかがでしょう。

転機になったのは、「モンスターハンター4」から登場した変形する武器

 

バンダイ:弊社は「超合金」でモンスターハンターとコラボします。実は「超合金」って、今年で40周年なんですよ。それで何かこれまでとは違うことをやりたいなとは2012年くらいから考えていたのですが、ちょうどモンスターハンターも今年10周年を迎えるということなので、10周年×40周年コラボをさせていただくことになりました。

――なぜ超合金でコラボ商品化をしようと?

 

超合金シルエット

バンダイ:もともとモンハンと何かしたいという思いはあったのですが、転機になったのは、「モンスターハンター4」から登場したチャージアックスやスラッシュアックスといった変形する武器ですね。今回持たせた武器のデザインはオリジナルなのですが、やはり片手剣と大剣に変形します。玩具会社バンダイとして、やっぱりおもちゃっぽいギミックを入れたいと思っていて、そこに変形する武器が出てきたので、これだ! と。それに、バンプレストさんやカプコンさんでもフィギュアは作られていますよね。そんな中で同じものを作るのではなく、バンダイ「魂ネイションズ」がやるならこれしかないと。

 

いま人気の動画

     

人気記事ランキング