電動歯ブラシブランド「ソニッケアー」の新シリーズ

フィリップス・ジャパンは、電動歯ブラシブランド「ソニッケアー」の新シリーズとして、電動歯ブラシ初心者向けの「ソニッケアー プロテクトクリーンシリーズ」を、7月上旬に小泉成器を通じて順次販売すると発表した。

ソニッケアー プロテクトクリーンシリーズは、モードと強さ設定、付属ブラシの違いから「プロテクトクリーン<プレミアム>」「プロテクトクリーン<プラス>」「プロテクトクリーン」の3シリーズを展開。いずれも、電動歯ブラシを初めて使うユーザーに使いやすい仕様となっている。

具体的には、過圧防止センサーを搭載し、ブラッシングで力が入りすぎるとハンドルランプと振動で通知するので、磨きすぎず、安心して使うことができる。また、ブラシヘッドに内蔵するチップにブラッシングの圧力と時間を記録し、適切なブラシの交換タイミングをランプで知らせる。

さらに、毎分約3万1000回の高速振動と幅広い振幅の組み合わせによって、唾液を活用した「音波水流」を口内に発生させ、毛先の届きにくい歯の隙間や奥歯の歯垢までしっかり除去する。

ベーシックな「プロテクトクリーン」は、クリーンモードのみ搭載し、歯や歯ぐきの状態によって強さを2段階で切り替えられる。カラーはライトブルーとパステルピンクの2色。

「プロテクトクリーン<プラス>」は、クリーンモードとガムケアモードの2つのモードを搭載し、歯ぐきのケアにも対応。3段階で強さを変更できる。カラーはホワイトミント、ライトブルー、パステルピンクの3色。

「プロテクトクリーン<プレミアム>」は、クリーン/ガムケアに加え、ホワイトモードの3つのモードを搭載し、3段階で強さを変えることができる。また、ブラシヘッド認識機能を搭載し、ブラシヘッドに内蔵するマイクロチップで最適な強さとモードに設定する。カラーはブラック、ホワイトの2色。

「ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます